マネーフォワード クラウド会計(FAQ)

Q. 「会計期間」の変更ができません。どうしたらよいですか?

マネーフォワード クラウド会計ご利用の場合、会計期間は各種設定 > 事業所より変更が可能です。

会計期間の変更が行えない場合のパターンを下記にまとめましたのでご確認ください。

主なエラーリスト

  1. 会計期間がグレーアウトしている
  2. 「適切な会計期間を入力してください。」と表示されている。
  3. 「1970/1/1 から 2099/12/31の間の日付をセットしてください。」と表示されている。
  4. 「他の会計期間と重複する日付があります。」と表示されている。
  5. 「変更した会計期間から外れる仕訳があるため、会計期間は変更出来ません。」と表示されている。

会計期間がグレーアウトしている

image_20170523_2_edit

個人事業主向けサービスのマネーフォワード クラウド確定申告をご利用されている可能性があります。
マネーフォワード クラウド確定申告では、会計期間は「01/01~12/31」で固定されており、変更を行うことができないため、「01/01~12/31」のままご利用をお願いします。

「適切な会計期間を入力してください。」と表示されている。

image_20170524_2

下記の原因が考えられます。

  • 1年以上の会計期間を設定している。
    →会計期間は1年以上の設定はできません。入力内容の確認をお願いします。
  • 決算日より期首日が過去になっている。
    →左側に期首日、右側に決算日を入力してください。

「1970/1/1 から 2099/12/31の間の日付をセットしてください。」と表示されている。

image_20170524_10

存在しない日付をご入力されている可能性があります。入力内容の確認をお願いします。

「他の会計期間と重複する日付があります。」と表示されている。

会計期間を変更する際に、他の年度の会計期間が存在している場合、変更後の会計期間と他の会計年度と会計期間が重複してしまう場合、本エラーが表示されます。

その場合、お手数ではございますが、会計期間が重複しないように、他の年度の会計期間から順に変更を行ってください。

例:6月決算から3月決算に変更をしたい

【現在の会計期間】
第1期 2015/07/01~2016/06/30
第2期 2016/07/01~2017/06/30 (現在表示をしている会計期間)
第3期 2017/07/01~2018/06/30

【変更したい会計期間】
第1期 2015/04/01~2016/03/31
第2期 2016/04/01~2017/03/31 
第3期 2017/04/01~2018/03/31

上記のような会計期間の変更をしたい場合、第2期の会計期間の変更を行おうとすると、本エラーが表示されます。

image_20170524_9

上記のように、第2期を「2016/07/01~2017/06/30」から「2016/04/01~2017/03/31」に変更をすると、第1期の「2015/07/01~2016/06/30」と一部会計期間が重複してしまいます。

この場合は、下記のように第1期から順に会計期間を変更すると、すべての年度の会計期間の変更ができます。

【現在の会計期間 → 変更したい会計期間】
第1期 2015/07/01~2016/06/30 → 2015/04/01~2016/03/31
第2期 2016/07/01~2017/06/30 → 2016/04/01~2017/03/31
第3期 2017/07/01~2018/06/30 → 2017/04/01~2018/03/31

なお、他の会計期間の期首日と決算日については、右上の事業所名をクリックすると確認することができます。

「変更した会計期間から外れる仕訳があるため、会計期間は変更出来ません。」と表示されている。

image_20170525_19_edit

変更をしようとしている会計期間の中に仕訳が登録されている可能性がございます。

例:6月決算から3月決算に変更をしたい

【現在の会計期間】
第1期 2015/07/01~2016/06/30 (現在表示をしている会計期間)
第2期 2016/07/01~2017/06/30 
第3期 2017/07/01~2018/06/30

【変更したい会計期間】
第1期 2015/04/01~2016/03/31
第2期 2016/04/01~2017/03/31 
第3期 2017/04/01~2018/03/31

上記の場合、第1期の会計期間を変更したい場合は、2016/03/31~2016/06/30内に仕訳がない状態にする必要があります。

image_20170531_2

本エラーが発生した場合、該当の仕訳を表示した状態で会計帳簿 > 仕訳帳の画面に遷移いたします。
下記の手順で操作を行ってください。

1.該当の仕訳のバックアップをとり、削除をする

該当の仕訳を「エクスポート」>「MF形式」ボタンよりバックアップを取った上で、「編集」>「削除」ボタンより該当の仕訳の削除を行ってください。

image_20170525_21

他の年度の会計期間についても同様の場合は、同じように、バックアップを取った上で仕訳の削除を行ってください。

2.会計期間の変更を行う

各種設定 > 事業所より、会計期間の変更を行ってください。

3.仕訳データのインポートを行う。

すべての会計期間の変更が終わりましたら、バックアップをとった仕訳データを各会計期間にインポートを行います。

まず、画面右上の事業所名をクリックし、画面右上の事業所名をクリックし「事業所・年度の管理」をクリックし、仕訳のインポートを行いたい会計期間の「切替」ボタンをクリックしてください。

image_20170601_1_edit

image_20170601_2_edit

「1」の操作にてエクスポートしたファイルを開き、削除を行った仕訳以外をファイルから削除をした上で、会計帳簿 > 仕訳帳の「インポート」ボタンより「仕訳帳」を選択し、仕訳データのインポートを行ってください。

image_20170531_4

詳細な手順については、下記のガイドをご参照ください。

仕訳帳をインポートする

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているご質問のカテゴリー

  • マネーフォワード クラウド会計の操作に迷ったら?

    マネーフォワード クラウド会計・確定申告操作ガイド

    操作手順を網羅した使い方ガイド公開中!

    • 一通りの操作方法を確認したい、そんなお客様のために、操作手順を網羅した使い方ガイドを公開中です。
  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド会計に詳しい税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客様に合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!