マネーフォワード クラウド会計(FAQ)

Q. 新税率の移行時に2019年9月の仕訳入力(消費税8%)をしながら 一部2019年10月以降の仕訳入力(消費税10%)もする場合の流れを教えてください

新税率の移行時に2019年9月の仕訳入力(消費税8%)をしながら 一部2019年10月以降の仕訳入力(消費税10%)もする場合の方法についてご案内します。
マネーフォワードクラウド 会計・確定申告では、勘定科目の税区分一括編集をするまでは9月30日までの税区分である標準税率8%が仕訳にセットされます。
税区分の一括編集をするまでは、10月以降の仕訳入力時に税区分を10%・もしくは軽減税率8%に変更しご登録ください。

具体的な操作例

具体的な操作の流れをご案内します。

9月30日までの仕訳登録

9月30日までの仕訳登録は、従来通り8%の仕訳となるため、特に税区分を変更する必要はありません。

10月1日から税区分の一括編集までの仕訳登録

10月1日以降の仕訳登録は新税率10%と軽減税率8%の税区分を利用する必要があります。
仕訳登録時に税区分を手動で変更し、登録してください。

振替伝票入力

連携サービスから入力

仕訳帳

なお、現金出納帳や取引明細のインポートは税区分欄がないため、税区分一括編集後に10月以前の現金出納帳および取引明細をインポートするとエラーが発生します。
10月分の仕訳が含まれた現金出納帳や取引明細のインポートは、税区分の一括編集を終えてからインポートしてください。

税区分の一括編集後の仕訳登録

税区分の一括編集後は、標準の税区分が新税率になります。10月1日以降の取引日の仕訳は税区分を変更する必要がありません。
一方、9月30日以前の取引日の仕訳は、仕訳登録時に税区分を8%に変更する必要があります。

税区分の一括変更方法は、下記のページをご参照ください。
勘定科目ごとの税区分設定変更(使い方ガイド)

参考

マネーフォワード クラウド会計・確定申告の消費税改正に伴う新税率設定の手順|マネーフォワード クラウド公式|note
マネーフォワード クラウド会計・確定申告の新税率に対応した仕訳登録Tips|マネーフォワード クラウド公式|note
消費税改正(消費税率10%、軽減税率8%)に伴う仕様や機能設定について

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているご質問のカテゴリー

  • マネーフォワード クラウド会計の操作に迷ったら?

    マネーフォワード クラウド会計・確定申告操作ガイド

    操作手順を網羅した使い方ガイド公開中!

    • 一通りの操作方法を確認したい、そんなお客様のために、操作手順を網羅した使い方ガイドを公開中です。
  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド会計に詳しい税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客様に合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!