マネーフォワード クラウド会計 使い方ガイド

「JDLの仕訳エクスポート」機能の使い方

機能説明

マネーフォワード クラウドで登録した仕訳を、JDLでそのままお取り込みいただけるフォーマットでエクスポートすることができます

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド会計・マネーフォワード クラウド確定申告ユーザー

対象ページ

他社ソフトデータの移行

使用ポイント

マネーフォワード クラウドで登録した仕訳をJDLで利用したい

マネーフォワード クラウドで登録した仕訳をそのまま取り込めるフォーマットで出力が可能です

使用方法

各種設定>他社ソフトデータの移行>JDLを開きます。
仕訳をエクスポートのエクスポートボタンをクリックします。

エクスポート1

1. 勘定科目で、検索キー(勘定科目コード)の設定をする

各種設定>勘定科目でJDLの勘定科目コード・部門コードに該当する項目を[検索キー]として設定します。

JDL用に仕訳データファイルを「マネーフォワード クラウド会計」からエクスポートする際には、勘定科目・部門のコードを設定しておく必要があります。このコードは「マネーフォワード クラウド会計」側で勘定科目・部門の[検索キー]欄に記載されている英数字が使用されます。
※マネーフォワード クラウド側で使用していない科目、部門(エクスポートを行わない科目、部門)については、設定する必要はありません

エクスポート2

2. 仕訳データファイルをエクスポートをする

エクスポートのページにて出力期間を指定し、[エクスポート]ボタンを押します。
出力の際に、(1)出力する期間(2)出力のソート順(3)開始仕訳も対象に含めるか(4)積み上げ計算対象の仕訳として税課を出力するか、を選択します。

消費税の経理方式が「税抜(内税)」設定の場合のみ、[仮受消費税等]、[仮払消費税等]の仕訳が追加されたエクスポートが選べます。

エクスポート3

エクスポートボタンをクリックすると、現在利用中の勘定科目・補助科目・部門で「検索キー」が未設定である場合や、「検索キー」が5桁以上の数字の場合、下記のようにリストアップされます。

エクスポート4

リスト内のテキストボックスに、JDLのコードを入力することで、仕訳データファイルにコードを出力され、設定したコードがインポートされます。

なお、ここでのコード指定は仕訳データ作成時のみに使用するため、保存されず、設定として残りません。設定として残したい場合は、1. [勘定科目の設定]で、検索キー(勘定科目コード)の設定をするを参照し、検索キー(科目コード、部門コード)の設定をおこなってください。

勘定科目の設定

部門の設定

3. JDLで仕訳データファイル(CSV)のインポート処理を行う

IBEX会計netの場合を例として、仕訳のインポート方法をご案内いたします。

(1)メインメニュー「入力」>「仕訳データ入力」を押します。

JDLとの連携

(2)仕訳データ入力画面の画面上部にある「機能」を押します。

JDLとの連携

(3)データ登録の枠内にある「会計データ変換」ボタンを押します。
表示された画面で、取り込む日付、ファイルパスを選択し、もし軽微な不一致がありましたら修正を行えば取込完了が行えます。
JDLとの連携

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているページ

  • マネーフォワード クラウド会計の操作に迷ったら?

    マネーフォワード クラウド会計・確定申告操作ガイド

    操作手順を網羅した使い方ガイド公開中!

    • 一通りの操作方法を確認したい、そんなお客様のために、操作手順を網羅した使い方ガイドを公開中です。
  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド会計に詳しい税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客様に合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!