マネーフォワード クラウド会計 使い方ガイド

「総勘定元帳」をインポートする

概要

総勘定元帳のインポートが行えます。
インポート用のファイルはテンプレートをもとに作成していただき、対象の会計年度ごとに実行してください。
会計年度の切替は下記にて行っていただけます。
事業者・年度の管理

対象ページ

仕訳帳

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド会計・確定申告ユーザー

目次

インポートに使用するテンプレートについて

テンプレートのダウンロード

会計帳簿>仕訳帳」にて「インポート」ボタンをクリックし、「総勘定元帳」をお選びください。

「テンプレートダウンロード」ボタンをクリックし、ダウンロードしたテンプレートに仕訳データを入力してください。

事業者」設定で課税形式を「免税事業者」以外に設定している場合、「税区分指定あり」のテンプレートをダウンロードすることができます。
このテンプレートを利用すると税区分を指定して仕訳を取り込めます。
books_20191023_17

テンプレート作成のポイント

入力必須項目について

入力必須の項目は下記の3項目です。入力されていない項目があるとインポートが行えません。

・日付
・科目   (科目コードを入力)
・入金/出金(どちらか一方にのみ入力)

欄外の「事業者名/事業者番号」、「部門」、「勘定科目」、「補助科目」について

こちらの項目は、入力されなくてもインポート可能です。
複数の事業者、部門の管理を行う際に、取り違いを避ける為の項目です。
ご入力内容がご登録情報と一致しない場合には、エラーとなりインポートができませんのでご注意ください。
※「補助科目」欄には入力を行わないでください。入力を行うとエラーとなります。

「事業者名/事業者番号」については、事業者名か、事業者番号のどちらかを入力してください。
各種設定>事業者」で表示されている事業者名、または事業者番号と一致している事を確認してください。
images_0821_02

images_0821_04

「部門」については、「各種設定>部門」にてご登録済みの部門名をそのまま入力してください。
images_0821_05

「勘定科目」についても、「各種設定>勘定科目」にてご登録済みの勘定科目名をそのまま入力してください。
images_0821_06

日付の入力方法

登録する日付を入力してください。
下記画像の様に、上段と同じ月の日付を入力する場合は、月の入力を省略することが可能です。
images_0821_07

勘定科目の入力方法

科目コードをD列に入力してください。
科目コードは、N列で設定が行えます。
N列に設定した科目コードをD列に入力することで、勘定科目名称を呼び出すことができます。
※科目コードは、「勘定科目」画面で設定している「検索キー」ではありません。
インポート時にのみ使用するコードです。
images_0821_09
O列の勘定科目名については、「各種設定>勘定科目」にてご登録済みの勘定科目名をそのまま入力してください。

補助科目の入力方法

各種設定>勘定科目」にてご登録済みの補助科目名と一致するよう入力してください。
images_0821_15

なお、補助科目に設定している「検索キー」でも指定可能です。
images_0821_11

税区分の入力方法

「税区分指定あり」のテンプレートを利用している場合、G列で税区分を指定できます。
images_0821_12

U列へ税区分を追加して、テンプレート上で利用できる税区分を増やすことも可能です。
追加する際には、「税区分」の名称または省略名、もしくは「検索キー」を完全一致で入力してください。
books_20191023_08

なお、G列の「税区分」を空欄にした場合は、選択した勘定科目・補助科目に設定されている税区分でインポートされます。

部門の入力方法

部門についても、「各種設定>部門」にてご登録済みの部門名をそのまま入力してください。

なお、部門に設定している「検索キー」でも指定可能です。
images_0821_13

テンプレートのインポートについて

総勘定元帳のインポートには、重複をチェックする機能はございません。
同内容の仕訳を再度インポートされますと、新しい仕訳として取り込まれるため、重複して登録されてしまいますのでご留意ください。

インポート画面

会計帳簿>仕訳帳」にて「インポート」ボタンをクリックし、「総勘定元帳」をお選びください。

テンプレートに仕訳データを入力した上で、勘定科目を設定してください。
部門も同様に設定が可能です。不要な場合は、「全部門(共通)」を選択してください。

ファイル選択後に「インポート」ボタンをクリックしてください。

インポート内容に間違いがないかご確認いただき、「保存」ボタンをクリックしてください。

インポート受付後、取り込み状況はトップページでお伝えします。

インポートの成功例

インポート状況をトップページでお伝えします。
インポート処理完了のアナウンスを確認後、「会計帳簿>仕訳帳」にてなどで正しく取り込まれていることをご確認ください。

インポートのエラー例

仕訳が赤く表示されている部分については、取り込みができません。
取り込めない原因については、画面上部に表示されます。

主なエラーリスト

インポートを行った際に、正常に取り込めない場合は以下の表をご確認ください。

総勘定元帳の主なエラーリスト

| エラーメッセージ | 対応策 |
| — | — |
| 「事業者名/事業者番号」が異なります。入力内容に誤りがないか、また、取り込む事業者を間違っていないか、ご確認ください。 | テンプレートファイルの欄外に記載された「事業者名/事業者番号」が、ご登録済みの情報と一致していないため、ご確認のうえ、修正を行っていただき、改めてインポートをお試しください。 |
| 「部門」が異なります。入力内容に誤りがないか、また、取り込む事業者を間違っていないか、ご確認ください。 | テンプレートファイルの欄外にある「部門」が、ご登録済みの情報と一致していないため、ご確認のうえ、修正を行っていただき、改めてインポートをお試しください。 |
| 「勘定科目」が異なります。入力内容に誤りがないか、また、取り込む事業者を間違っていないか、ご確認ください。 | テンプレートファイルの欄外にある「勘定科目」が、ご登録済みの情報と一致していないため、ご確認のうえ、修正を行っていただき、改めてインポートをお試しください。 |
| 「補助科目」が異なります。入力内容に誤りがないか、また、取り込む事業者を間違っていないか、ご確認ください。 | テンプレートファイルの欄外にある「補助科目」が入力されております。ご確認のうえ、修正を行っていただき、改めてインポートをお試しください。 |
| 大変申し訳ありませんが、エクセルフォーマットが2015年1月より変更しており 、旧フォーマットでの取り込みは出来なくなりました。
新フォーマットを是非ご利用ください。 | テンプレートファイルが改変されている可能性があります。
テンプレートファイルを再ダウンロードし、再入力を行った上で、再度インポートをお願いします。 |
| 有効値が入力された行が見つかりません。入力内容に誤りがないか御確認ください。 | テンプレートファイルの入力行に空欄箇所があります。
「日付」、「科目」、「入金」または「出金」については入力必須項目です。
必須項目に未入力がないか確認をお願いします。 |

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド会計に詳しい税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客さまに合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!