MFクラウド会計 お知らせ

書類データ化サービス終了のご案内

2018年07月24日

いつも「MFクラウド会計」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

この度2018年10月31日(水)をもちまして、「MFクラウド会計」の書類データ化サービスを終了させていただくこととなりました。
それに伴い、2018年10月19日(金)17時に書類データ化サービスの新規受付を終了いたします。

1.STREAMEDのご案内

後継サービスとして、弊社グループ会社である株式会社クラビスが運営するSTREAMEDを提供いたします。

クラウド記帳ソフトSTREAMEDは、領収書や請求書などアナログデータ(紙の証憑など)をスキャンするだけで1営業日以内に会計データに変換できる、経理の記帳業務の自動化に特化したソフトウェアです。
オペレーターによる入力作業とAIを組み合わせた独自のOCRソリューションによって、手書きの領収書でも99.9%正確にデータ化でき、国内の主要な会計ソフト形式でデータを出力できます。会計事務所での記帳代行だけでなく、個人事業主の確定申告や一般企業の経費精算の自動化など、幅広いシーンで活用されています。

詳細は以下のページをご参照ください。

STREAMEDのご紹介

2.STREAMEDの機能について

STREAMEDには、以下のような機能があります。

効率的な書類アップロードと素早いデータ化

アップロード専用ソフトウェア

STREAMEDでは、大量の領収書の画像を効率的にアップロードできるソフトウェアを提供しております。
さらに、対応スキャナを使用すると、スキャンからアップロードまでの一連の流れをスムーズにおこなえます。

素早いデータ化

原則翌営業日中にデータ化をおこなっております。決算期や確定申告時期の急な需要増加も安心です。

多彩な仕訳作成機能

STREAMEDでは、ユーザーが任意に設定した自動仕訳ルールによって、適用する勘定科目や部門などをあらかじめ指定することができます。
また、領収書の支払先業種ごとに勘定科目を指定できますので、高い精度で勘定科目が提案されます。

顧問先ごとのスキャン状況確認機能

顧問先ごとにスキャン状況を確認できるので、「どの顧問先の入力が完了しているか」、「今月は何枚スキャンしたか」などの必要な情報を効率よく確認できます。

MFクラウドとの連携機能

今後、MFクラウド会計とのAPI連携機能や、MFクラウド会計内でのSTREAMED専用ページを提供する予定です。準備が整い次第お知らせいたします。

3.STREAMEDについてのお問い合わせ

STREAMEDのサービスや料金についての詳細は、営業担当からご案内いたします。
お気軽に営業担当までお問い合わせください。

また、弊社カスタマーサポートまでご連絡をいただければ、営業担当から折り返しご連絡いたします。

MFクラウドコンタクトセンター
biz.feedback@moneyforward.com

その他、ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
今後とも、MFクラウドサービスをご愛顧くださいますようお願いいたします。

  • MFクラウド会計の操作に迷ったら?

    MFクラウド会計・確定申告操作ガイド

    操作手順を網羅した使い方ガイド公開中!

    • 一通りの操作方法を確認したい、そんなお客様のために、操作手順を網羅した使い方ガイドを公開中です。
  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    MFクラウド会計に精通した
    税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • MFクラウド公認メンバーの中からお客様に合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!
  • 経営にイノベーションを起こしたい方必見!

    MFクラウドEXPO2018開催

    クラウドサービスの最新事例が集結

    • MFクラウド Expo2018では、企業変革を実現させた経営者の体験談や、最新のクラウドサービスの紹介を通じて、経営課題を解決したいリーダー層へのヒントをお届けします