マネーフォワード クラウド勤怠(FAQ)

Q. 「スケジュールに異動前の勤務パターンを適用している」エラーの解消方法と要因を教えてください。

エラーの内容


「異動前の就業ルールの勤務パターンが適用されています。勤務パターンを新しい就業ルールの勤務パターンに変更してください。」というエラーメッセージが表示される場合、以下をご確認ください。

エラーの解消方法

「上長メニュー」>「勤怠確認」>「日次勤怠」マーク>「打刻編集」マークから、編集画面を開いてください。

編集画面を開くと、該当日の「勤務パターン」が「空白」の状態となっております。

プルダウンに「現在設定されている就業ルールの勤務パターン」が表示されますので、適用のうえ保存してください。

「上長メニュー」>「シフト管理」からも同様の操作が可能です。
また、従業員の方がご自身のエラーを解消したい場合は「日次勤怠」からも操作が行えます。

エラーの要因

「就業ルール」を過去に遡って変更した際に発生することがあります。
下記はその一例です。

  1. 「基本勤務制」を適用していた従業員を、「従業員一覧」>「編集」から「フレックスタイム制」に変更する。
  2. 「1.」の変更により、本来は既に設定されている「基本勤務制の勤務パターン」が「フレックスタイム制の勤務スケジュール」設定における「フレックスタイム制の勤務パターン」へ自動変更される。
  3. ただし、「基本勤務制」が適用されていた際に「お客様が手動で設定した勤務パターン(※)」がある場合、「2.」による自動変更が無効となり、手動の設定内容が残り続けることでエラーが発生する。

(※)お客様が手動で設定した勤務パターンとは
・「日次勤怠」>「打刻」マーク
・「上長メニュー」>「勤怠確認」>「日次勤怠」マーク>「打刻編集」マーク
・「上長メニュー」>「シフト管理」
上記の画面などから、お客様が「手動で勤務パターンを適用した場合」を指しております。

就業ルールの変更時にエラーを発生させない方法

「全権管理者メニュー」>「従業員」>「異動予約(就業ルール)一覧」から、「異動日」に未来の日付を指定し、就業ルールが過去に遡って変更されないように設定してください。

異動予約の操作方法については、こちらのガイドをご参照ください。

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。