マネーフォワード クラウド勤怠(FAQ)

Q. 「設定されている勤務パターンは○○に利用できません。勤務パターンを空欄にしてください。」というエラーの要因と解消方法を教えてください。

エラーの内容


「設定されている勤務パターンは○○に利用できません。勤務パターンを空欄にしてください。」というエラーメッセージが表示される場合は、以下をご確認ください。
※「○○」には、勤怠区分の「所定休日」「法定休日」が入ります。

対象となる就業ルール

エラー要因と解消方法の概要

就業ルールで設定した「適用範囲」以外の勤怠区分の日に、勤務パターンを適用して打刻を行うとエラーが発生します。
以下の操作を行うことで、エラーを解消することができます。

1. 適用した勤務パターンを削除する
2. 就業ルールの「適用範囲」を変更する

エラーの要因

エラーの対象となる就業ルールでは、ルールを適用する「勤怠区分」(「平日」「休日」など)の範囲を指定することができます。
それぞれの「○○制の適用範囲」から、「平日のみ」「平日と所定休日のみ」「平日と所定休日と法定休日」の選択が行えます。
上記で選択した「勤怠区分」以外の日にちに、勤務パターンを適用することでエラーが発生します。

以下、「フレックスタイム制」を例に説明します。

  1. 「フレックスタイム制」>「フレックス制の適用範囲」で「平日のみ」を選択し、最下部の「保存する」をクリックします。
  2. 「日次勤怠」画面から、平日以外の日にちで①「編集」をクリックし、②出勤・退勤を登録し、③「勤務パターン」に「フレックス」を選択して「保存」をクリックします。
  3. 当該の日にちでエラーが発生します。

エラーの解消方法

1. 適用した勤務パターンを削除する

  1. 「日次勤怠」画面で、エラーが発生している日にちの「編集」をクリックします。
  2. 「日次勤怠を編集」画面で「勤務パターン」を削除し、「保存」をクリックすることで、エラーが解消します。
適用したい勤務パターンがある場合は、「日次勤怠の編集」>「勤務スケジュール」で個別に設定してください。

2. 就業ルールの「適用範囲」を変更する

対象の「就業ルール」画面で、「適用範囲」を変更します。
「フレックスタイム制」の画面で説明します。

  1. 「フレックスタイム制」>「フレックス制の適用範囲」で「平日と所定休日のみ」を選択し、最下部の「保存する」をクリックします。
  2. 勤怠区分が「所定休日」の日にちについて、エラーが解消します。
このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。