マネーフォワード クラウド勤怠(FAQ)

Q. 「休暇みなし時間を労働時間としてカウントする」の設定について教えてください。

休暇ルール>「有給休暇」内の「有給休暇取得時の労働時間の取り扱い」では、有給休暇を取得した時間数を「休暇みなし」としてカウントするかどうかを設定できます。

また、「休暇みなし」として集計した時間数は、給与に反映させることが可能です。
お客様のご希望に応じて、設定方法をご検討ください。

「休暇みなし」の概要

「休暇みなし」とは

休暇取得時に、休暇分の時間数を「労働したもの」として扱うことを指します。
「休暇みなし」の時間数は、「日次勤怠」の「休暇みなし」欄へ計上されます。

「休暇みなし」を集計できる休暇の種類

「休暇みなし」は、有給休暇以外にも「代休」「祝日」「休職・休業」「その他休日/休暇」で集計することができます。

「休暇みなし」と給与計算の関係

「日次勤怠」で集計した「休暇みなし」の時間数は給与計算に使用することができます。
例えば、「時給制の社員に、有給休暇分の時給を支給する」といったことが可能です。

これには、事前にクラウド給与の「基本設定」>「支給項目」にて設定が必要です。
「支給項目」の設定方法は、こちらのガイドをご参照ください。

休暇みなし時間を労働時間としてカウント「する」場合

クラウド給与の「支給項目」設定 結果
「プラス計算」を設定する 「休暇みなし」時間の合計分を「支給」します。
「マイナス計算」を設定する 「休暇みなし」時間の合計分を給与から「控除」します。
支給項目を作成しない 給与には何も反映されません。

休暇みなし時間を「カウントする方法」は、こちらの項目をご参照ください。(※ページ内リンク)

休暇みなし時間を労働時間としてカウント「しない」場合

クラウド給与の「支給設定」の設定にかかわらず、給与には何も反映されません。
休暇みなし時間を「カウントしない方法」は、こちらの項目をご参照ください。(※ページ内リンク)

休暇みなしをカウント「する」ときの設定

「休暇みなしをカウントし、残業計算には入れない」ときの設定

  1. 「休暇みなし時間を労働時間としてカウントする」欄で「する」にチェックを入れ、「休暇みなし時間を残業計算にいれる」欄で「しない」にチェックを入れます。
  2. 休暇取得日に「勤務パターン」を適用します。勤務パターンの適用方法についてはこちらのガイドをご参照ください。
  3. 「日次勤怠」で「休暇みなし」が計上されます。

全休を取得したとき

「就業ルール」内の勤務パターンで設定した「契約時間」の開始から終了までの時間数が、「休暇みなし」へ計上されます。
「時間帯指定」の休憩時間自動適用を設定している場合は、契約時間から休憩時間を差し引いた時間数が「休暇みなし」へ計上されます。

<例>

  • 「契約時間」 9:00から18:00まで
  • 「休憩時間」 13:00から14:00まで
    契約時間の開始から終了までの時間数から、休憩時間数を差し引き、8:00hが「休暇みなし」へ計上されます。

※なお、フレックスタイム制、管理監督者制、裁量労働制の場合は、就業ルール内で設定する「1日休暇をとった場合のみなし労働時間」の時間数が、休暇みなしへ計上されます。


半休を取得したとき

「就業ルール」内の勤務パターンで設定した「半休の取り扱い」の「休暇みなし時間」の時間数が、「休暇みなし」へ計上されます。

<例>

午前休を取得した場合の「休暇みなし時間」が【4:00】と設定されているため、4:00hが「休暇みなし」へ計上されます。


時間休暇を取得したとき

時間休暇を取得した時間数が「休暇みなし」へ計上されます。

「休暇みなしをカウントし、残業計算に入れる」ときの設定

  1. 「休暇みなし時間を労働時間としてカウントする」欄で「する」にチェックを入れ、「休暇みなし時間を残業計算にいれる」欄で「する」にチェックを入れます。
  2. 休暇取得日に、「勤務パターン」を適用します。勤務パターンの適用方法はこちらのガイドをご参照ください。
  3. 「日次勤怠」で「休暇みなし」が計上されます。

残業計算について

「日次勤怠」では、1日8時間を超えて労働した場合、または週40時間を超えて労働した場合は、その労働時間は「法定外」へ集計されます。
「休暇みなし時間を残業計算にいれる」欄で「する」にチェックを入れると、「1日8時間」と「週40時間」の集計に「休暇みなし」の時間が含まれます。

<例>午前休を取得した場合

14:00から19:00までの労働時間は5:00h、休暇みなし時間は4:00hです。
「休暇みなし」の時間数を含めて「法定外」を算出するため、労働時間は9:00hとなり、1日8時間を超えた時間数である1:00hが法定外へ集計されます。

休暇みなしをカウント「しない」ときの設定

  1. 「休暇みなし時間を労働時間としてカウントする」欄で、「しない」にチェックを入れます。
  2. 「日次勤怠」で、「休暇みなし」やその他労働時間も集計されません。

注意点

「休暇みなし」は、「総労働」などの時間数には含まれません。

「休暇みなし」は、すべての休暇区分で同一区分に集計されます。

「休暇みなし」は、「代休」/「祝日」/「休職・休業」/「その他休日/休暇」の項目で集計することができます。
休暇みなしを給与計算等に使用する場合は、「休暇みなし」にどの休暇の時間数が含まれているのかご確認ください。

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。