マネーフォワード クラウド勤怠(FAQ)

Q. マネーフォワード クラウド勤怠の従量課金について教えてください。

マネーフォワード クラウド勤怠では、登録されている従業員数に応じて従量課金が発生いたします。

5名までは、「マネーフォワード クラウド」の基本料金のみでご利用いただけます。
6名以上でご利用になる場合は、従業員の登録人数1名につき月額300円(税抜)のご利用料金がかかります。

例)10名で「マネーフォワード クラウド勤怠」をご利用になる場合
従量課金対象:10名-5名=「5名」
従量分のご利用料金:300円×5名=「1,500円」

「マネーフォワード クラウド」の基本料金についてはこちらをご参照ください。

また、従業員の在籍状況に応じて、従量課金の対象/対象外が判定されます。
詳細は以下をご確認ください。

入社前の従業員について

入社前の従業員を事前に登録しても、従量課金の対象とはなりません。

<例>3月15日に、4月1日入社の従業員を新規登録した場合
3月末時点の請求では従量課金の対象とならず、4月以降の請求では従量課金の対象となります。

退職済の従業員について

退職される月は従量課金の対象となります。

<例>3月1日に、従業員の退職日を3月15日と登録した場合
3月末時点の請求では従量課金の対象となり、4月以降の請求では従量課金の対象となりません。

打刻していない従業員について

当月の打刻が全くない場合も、在籍状況が「在籍中」であれば、当月従量課金の対象となります。
※休職・休業中の従業員も含まれます。

自動で登録されている氏名「全権 管理者」について

マネーフォワード クラウド勤怠の新規登録時に自動追加される氏名「全権 管理者」の従業員も、従量課金の対象となります。

なお、こちらの従業員にはマネーフォワード クラウド勤怠の新規登録の操作をした方のメールアドレスやパスワードが設定されています。
「従業員一覧」で「編集」をクリックし、実際の管理者の氏名に変更することで、そのまま勤怠管理等にご利用いただけます。

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。