マネーフォワード クラウド勤怠(FAQ)

Q. 1日の「所定」「所定外」「法定外」をどのように集計しているか教えてください。

回答

「所定」「所定外」は、就業ルールの「労働時間を【所定】として集計する範囲」の選択により異なります。
設定に応じた集計方法をご確認ください。

※対象となる就業ルールは「基本勤務制」「シフト制」「1ヶ月単位変形労働時間制」「1年単位変形労働時間制」のみです。
その他の就業ルールでは集計方法が異なりますので、それぞれの設定ガイドをご参照ください。

目次

はじめに、就業ルールの「編集」をクリックし、「勤務時間及び休憩時間」>「労働時間を【所定】として集計する範囲」の設定をご確認ください。

「勤務パターンの契約時間の開始~終了の範囲のみ」を選択している

集計は下記のように行われます。

「所定」:「勤務パターン」で設定している「契約時間の開始~終了」の範囲内の時間
「所定外」:「勤務パターン」で設定している「契約時間の開始~終了」の範囲から外れている時間、かつ1日の勤務が8時間/1週間の勤務が40時間に達するまでの時間
「法定外」:その日の労働時間が8時間/1週間の勤務が40時間を超えた以降すべて

「遅刻」や「早退」は、「契約時間の開始/終了」をもとに、契約時間の開始より遅い打刻であれば「遅刻」が、終了より早い打刻であれば「早退」が集計されます。

また、「法定外」は、「1ヶ月単位変形労働時間制」「1年単位変形労働時間制」では設定により異なるため、それぞれの設定ガイドもあわせてご参照ください。
1ヶ月単位変形労働時間制の設定方法
1年単位変形労働時間制の設定方法

具体例 契約時間の開始「10:00」/契約時間の終了「19:00」の場合

出勤「9:30」/退勤「19:00」のとき

  • 「所定外」30分(9:30~10:00)
    出勤「9:30」~契約時間の開始「10:00」までの「30分」は、契約時間の開始~終了の範囲から外れているため、「所定外」として集計されます。
  • 「所定」7時間30分(10:00~18:30-休憩1時間)
    契約時間の開始「10:00」~その日の労働時間が8時間に達する「18:30」まで(休憩1時間を除く)は、契約時間の開始~終了の範囲内のため、「所定」として集計されます。
  • 「法定外」30分(18:30~19:00)
    「18:30」の時点で、その日の労働時間が「8時間」に達しているため、以降は「法定外」として集計されます。

出勤「10:30」/退勤「19:30」のとき

  • 「遅刻」30分(10:00~10:30)
    契約時間の開始「10:00」~出勤「10:30」までの「30分」は、「遅刻」として集計されます。
  • 「所定」7時間30分(10:30~19:00-休憩1時間)
    出勤「10:30」~契約時間の終了「19:00」まで(休憩1時間を除く)は、契約時間の開始~終了の範囲内のため、「所定」として集計されます。
  • 「所定外」30分(19:00~19:30)
    契約時間の終了「19:00」~退勤「19:30」までの「30分」は、契約時間の開始~終了の範囲から外れていますが、その日の労働時間が「8時間」に達するまでは「所定外」として集計されます。

「勤務パターンの契約時間の開始~終了までの時間数分を上限とする」を選択している

「所定」:「勤務パターン」で設定している「契約時間の開始~終了」の「時間数分」を上限
     ※ただし「休憩時間自動適用設定」が行われている場合、その時間数を差し引いたものが上限
「所定外」:「所定」の上限を超過し、1日の勤務が8時間/1週間の勤務が40時間に達するまでの時間
「法定外」:その日の労働時間が8時間/1週間の勤務が40時間を超えた以降すべて

「遅刻」や「早退」は、「契約時間の開始/終了」をもとに、契約時間の開始より遅い打刻であれば「遅刻」が、終了より早い打刻であれば「早退」が集計されます。

また、「法定外」は、「1ヶ月単位変形労働時間制」「1年単位変形労働時間制」では設定により異なるため、それぞれの設定ガイドもあわせてご参照ください。
1ヶ月単位変形労働時間制の設定方法
1年単位変形労働時間制の設定方法

具体例 契約時間の開始「10:00」/契約時間の終了「19:00」の場合

出勤「9:30」/退勤「19:00」のとき

  • 「所定」8時間(9:30~18:30-休憩1時間)
    「契約時間の開始~終了」の時間数は「9時間」です。
    時間数が「8時間」を超えているため、「基本勤務制」と「シフト制」では、出勤から法定外となる「8時間」までの労働を「所定」として集計します。
  • 「法定外」30分(18:30~19:00)
    「契約時間の開始~終了」の時間数は「9時間」ですが、「18:30」の時点で、その日の労働時間が「8時間」に達しているため、以降は「法定外」として集計されます。

出勤「10:30」/退勤「19:30」のとき

  • 「遅刻」30分(10:00~10:30)
    契約時間の開始「10:00」~出勤「10:30」までの「30分」は、「遅刻」として集計されます。
  • 「所定」8時間(10:30~19:30-休憩1時間)
    「契約時間の開始~終了」の時間数は「9時間」です。
    時間数が「8時間」を超えているため、「基本勤務制」と「シフト制」では、出勤から法定外となる「8時間」までの労働を「所定」として集計します。

「所定外」を「所定」として集計したい場合

1.勤務パターンを、労働時間にあわせて設定する

「勤務パターンの契約時間の開始~終了の範囲のみ」を選択しており、基本は出勤「9:00」/退勤「18:00」だが、日によって出勤「10:00」/退勤「19:00」の勤務となる場合には、両方の勤務パターンを作成し、それぞれ該当日に適用することが必要です。

勤務パターンの作成方法は、こちらのガイドをご参照ください。

2.「編集」や「実績・スケジュール変更申請」で、任意の勤務スケジュールを設定する

  • 自身の設定を行う場合
  • 「日次勤怠」の「編集」をクリックすると、「日次勤怠を編集」画面が表示されます。

    ①勤務パターン:プルダウンから空白を選択してください。
    ②開始/終了:入力された時間が、契約時間の「開始」「終了」となります。
    ③休憩開始/休憩終了:入力された時間が、時間帯を指定する「自動休憩」となります。
     設定しない場合は、「削除」をクリックしてください。
  • 管理者から、他の従業員の設定を行う場合(※「全権管理者」権限を持つ方のみ)
  • 「上長メニュー」>「勤怠確認」から、氏名横の「日次勤怠」をクリックし、その従業員の「日次勤怠」を表示します。
    「編集」をクリックすると、「日次勤怠を編集」画面が表示されます。

    ①勤務パターン:プルダウンから空白を選択してください。
    ②開始/終了:入力された時間が、契約時間の「開始」「終了」となります。
    ③休憩開始/休憩終了:入力された時間が、時間帯を指定する「自動休憩」となります。
     設定しない場合は、「削除」をクリックしてください。

    ※管理者からの設定時は、下記の入力も必須です
    ④午前休/午後休を取得した場合の開始/終了時間
     :午前休/午後休を取得したときの契約時間の「開始」「終了」となります。
    ⑤午前休/午後休を取得した場合の休暇みなし時間
     :午前休/午後休を「何時間の休暇とするか」の設定です。

任意の勤務パターンを設定した場合の表示

「上長メニュー」>「シフト管理」では、「勤務パターンの名称」ではなく、契約時間の「開始から終了までの時間」が表示されます。

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。