マネーフォワード クラウド勤怠(FAQ)

Q. 「申請を承認できる従業員が見つかりません。管理者に連絡してください」というエラーの要因と解消方法を教えてください。

エラーの内容


「申請を承認できる従業員が存在しません。管理者に連絡して下さい」というエラーメッセージが表示される場合、以下をご確認ください。

エラー要因の概要

ワークフロー経路が「役職を指定する」ステップのみで設定されている場合に、「ワークフロー経路内での最上位の役職者」から申請が行うとエラーが発生します。

詳細は「エラーの要因」項目をご参照ください。(※ページ内リンク)

エラー解消方法の概要

1. ワークフロー経路に「従業員を指定する」「全権管理者が承認する」が選択されているステップを1つ以上含める
2. エラーが発生する従業員に、「別のワークフロー経路」を適用する

上記いずれかの方法で解消が可能です。
「2.」の方法についての詳細は、「エラーの解消方法」項目をご参照ください。(※ページ内リンク)

エラーの要因

「役職を指定」の場合、「申請者と同じ階層」や「申請者より下の階層」の承認は、「自動承認」となるため、実際には承認操作を行いません。

「従業員を指定する」「全権管理者が承認する」を選択している場合には、「自動承認」は行われません。

これにより、ワークフロー経路が「役職を指定する」ステップのみで設定されている場合、「ワークフロー経路内での最上位の役職者」の申請は、すべて「自動承認」となります。
その結果、「承認操作を行える従業員が存在しない」状況となり、エラーが発生いたします。

以下の「役職階層」を例にご説明します。

「ワークフロー経路パターン」で以下の通り設定します。
※ワークフロー経路内での「最上位の役職」は、ステップ2の「部長」となっています。

「スタッフ」役職の申請

ステップ1:「リーダー」が受信し、承認します。
ステップ2:「部長」が受信し、承認することで完了します。

「リーダー」役職の申請

ステップ1:「リーダー」は「自動承認」となり、承認操作を行うことなくステップ2へ進みます。
ステップ2:「部長」が受信し、承認することで完了します。

「部長」役職の申請

全てのステップが「自動承認」となり、「承認操作を行える従業員が存在しない」状況のため、申請がエラーとなります。

エラーの解消方法

該当の従業員に、「別のワークフロー経路」を適用してエラーを解消する方法をご案内いたします。
今回は、「部長」の承認は「部長自身で行う」ことを目的とした設定を行います。

  1. 「ワークフロー経路」>「ワークフロー経路一覧」>「+追加」をクリックします。
  2. 「ワークフロー経路を作成」画面で、任意の「ワークフロー経路名」を設定し、「保存」をクリックします。

  3. 「承認者の指定」で「従業員を指定する」を選択し、「部長」である従業員を指定して「保存」をクリックします。
  4. 作成した「ワークフロー経路」を、 「従業員一覧」>「編集」から、従業員に適用します。
    「使用するワークフロー経路」にて、上記で作成したワークフローを選択し、「保存」をクリックすることで完了です。

ワークフロー経路の設定方法については、こちらのガイドもあわせてご参照ください。

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。