マネーフォワード クラウド勤怠 使い方ガイド

ワークフロー経路の設定方法

概要

「ワークフロー経路」の設定と利用方法についてご案内いたします。
「ワークフロー経路」では「勤怠締め申請」や「休暇申請」を含むワークフローを設定できます。

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド勤怠をご利用中のお客様

対象ページ

マネーフォワード クラウド勤怠 ワークフロー経路

目次

共通設定と個別設定の違い

「共通設定」では、全てのワークフロー申請の設定を一括で行うことができます。
画面上部右側の「共通設定」から操作します。
「共通設定されているワークフロー」はワークフロー名の右側に「共通設定中」と表示されています。

「個別設定」では、ワークフローごとに申請経路を設定できます。
「個別設定されているワークフロー」はワークフロー名の右側に何も表示がされません。

個別設定を解除して共通設定に戻したい場合は、画面右側の「削除」をクリックします。
「削除」をクリックされても、ワークフロー自体がなくなることはありません。

ワークフロー設定

従業員を指定する場合

ワークフローを承認する従業員を選択します。

「保存」を押すと、設定が保存されます。

「従業員の新規登録方法」についてはこちらのガイドをご参照ください。

役職を指定する場合

ワークフローを承認する役職を選択します。
選択された役職に該当する方は、どなたでも承認できる設定となります。

「保存」を押すと、設定が保存されます。

役職を指定する場合、事前に役職階層を設定してください。
「役職階層」についてはこちらのガイドをご参照ください。

全権管理者が承認する場合

全権管理者が承認する場合、「全権管理者が承認する」を選択します。

複数の従業員を承認者にする方法

ワークフロー経路では、承認者として複数の従業員や役職を設定することもできます。
「追加」をクリックすると、同一承認ステップ内に承認者を追加できます。

「ステップを追加」をクリックすると、そのステップの通過後に承認を行うステップを別途設定できます。

設定例

ステップ1は「テスト マネフォ1号」のみが承認できる設定です。
ステップ2は「テスト マネフォ2号」「テスト マネフォ3号」「テスト マネフォ4号」のいずれも承認できる設定となっています。

なお、承認の操作はステップ順(ステップ1→ステップ2→ステップ3…の順番)で行います。
※設定できるステップ数に上限はありません。

ステップ2の従業員は、ステップ1の承認が完了するまで承認は行えませんのでご注意ください。

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード: