マネーフォワード クラウド経費(FAQ)

Q. おすすめの経費明細の登録方法を教えてください。

「やらないといけないけど、めんどくさい」と感じる方も多い経費申請。
少しでも効率化したいとお考えではないでしょうか。
そこで、日々、マネーフォワード クラウド経費に触れている弊社スタッフに「おすすめの経費明細登録方法」をヒアリングしてみました。
以下に、推薦理由と併せてご利用イメージなどをご紹介します。
ぜひ、経費申請の効率化にお役立てください。

クラウド経費担当者がおすすめする経費明細登録方法5選

領収書データの連携(連携サービス)
明細データの連携(連携サービス)
モバイルSuica/モバイルPASMO連携
オペレーター入力
OCR入力

領収書データの連携(連携サービス)

<推薦者の声>

  • 領収書も添付してくれて、ほとんど入力することがないので手間がかからないから、スキマ時間でサクッと経費登録。
  • スマートEX連携。 京都出張行って経費精算する際に、日付、金額、支払先内容、経費科目、領収書の情報がそろっていて、いまだに感動する。
  • 連携されていれば待ち時間もなく、手入力も必要ないからです。一番楽ちん。

<ご利用イメージ>


※経費科目については、「経費科目自動振り分け」を事前に設定することで、自動入力されます。
※部門やプロジェクトは、「経費入力初期値」を事前に設定することで、自動入力されます。

<ご利用方法など詳細>

領収書データの連携ができるサービスの一覧など機能の詳細は、こちらをご参照ください。
ご利用の際には、「連携サービス」の設定が必要となります。

明細データの連携(連携サービス)

<推薦者の声>

  • 最初の連携部分の設定の手間を乗り越えることができれば、その後楽になれるから。
  • 出張精算の際、カード連携することで申請を忘れることなく正しく精算することができるため、ガバナンスと生産性向上の両方に寄与できる。
  • 個人的に一番使う方法。しかし、「連携サービス機能をご存じないお客様も多い」と聞いたことがあり「もったいないなぁ」と思っている。

<ご利用イメージ>


※経費科目については、「経費科目自動振り分け」を事前に設定することで、自動入力されます。
※部門やプロジェクトは、「経費入力初期値」を事前に設定することで、自動入力されます。

<ご利用方法など詳細>

明細データの連携に関する詳細は、こちらをご参照ください。
ご利用の際には、「連携サービス」の設定が必要となります。

モバイルSuica/モバイルPASMO連携

<推薦者の声>

  • 営業で電車移動が多いのでとにかく楽です!モバイルSuicaの連携には、My JR-EAST IDの利用がおすすめです。
  • 明細としては電車代が圧倒的に多くて、手入力の手間が格段に減るので。

<ご利用イメージ>


※経費科目については、「経費科目自動振り分け」を事前に設定することで、自動入力されます。
※部門やプロジェクトは、「経費入力初期値」を事前に設定することで、自動入力されます。

<ご利用方法など詳細>

モバイルSuica/モバイルPASMO 連携機能の詳細は、こちらをご参照ください。
ご利用の際には、「連携サービス」の設定が必要となります。

オペレーター入力

<推薦者の声>

  • クラウドシステムというと、若者向けの印象を受けるかと思いますが、平均年齢が60歳超の企業様でもお使いいただいております。決め手は、オペレーター入力でした。
  • 領収書をパシャリ、データ送信をしてあとは1営業日お待ちいただくのみで、日付・金額・支払先・税区分が入力されます。
  • ひとつの領収書に税区分が複数混ざっていても分けて明細が登録され、小さな文字をみて手入力をする必要はほとんどありません。

<ご利用イメージ>


※経費科目については、「経費科目自動振り分け」を事前に設定することで、自動入力されます。
※部門やプロジェクトは、「経費入力初期値」を事前に設定することで、自動入力されます。

<ご利用方法など詳細>

オペレーター入力機能の詳細は、こちらをご参照ください。

OCR入力

<推薦者の声>

  • コンビニやスーパーのレシートから店舗名や金額を読み込んでくれるのはやはり便利!
  • 「あっ!」と思い出した時に、すぐ登録できる手軽さに、感動します。

<ご利用イメージ>


※経費科目については、「経費科目自動振り分け」を事前に設定することで、自動入力されます。
※部門やプロジェクトは、「経費入力初期値」を事前に設定することで、自動入力されます。

<ご利用方法など詳細>

OCR入力機能の詳細は、こちらをご参照ください。

いずれの機能をご利用になる場合も、申請前に一度登録内容をご確認ください。
なお、所属する事業者の規定や運用ルールによってはご利用いただけない機能もございます。
規定や運用ルールについては、社内で管理権限をお持ちの方にご確認ください。
設定や利用方法についてのご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

  • 経費精算のオートメーション

    明細や領収書の自動連携

    自動連携でサクッと精算

    • 約3,500件以上のクレジットカードや銀行口座と連携していますので、連携データを使ってサクッと精算が可能です。
    • JRのEXPRESSカードや楽天トラベル、ETC、全国タクシーとも連携しています。
  • 領収書の電子保存

    電子帳簿保存法対応

    領収書は電子保存へ

    • 法的要件とマネーフォワード クラウド経費を利用した電子保存についてのセミナーを開催しています。
    • 電子帳簿保存法に必要な法的書類やお申込み手順もご案内しています。
  • 導入を検討中の方へ

    30日無料体験

    使い勝手を、その目でお確かめください。

    • 仕訳データを自動登録、申請チェック機能など、経理業務を大幅削減できます。
    • レシート・交通系ICカード読み取りなど、スマートフォンアプリで簡単に明細登録が可能です。