MFクラウド経費 使い方ガイド

電子帳簿保存法プランへのお申込み手順

電子帳簿保存法プランへのお申込み手順

MFクラウド経費の電子帳簿保存法対応プランへのお申込み方法をご案内いたします。
電子帳簿保存法に対応するには、下記2点のお手続きが必須となります。
・税務署への申請
・MFクラウド経費の電子帳簿保存法対応プランへのお申込み
それぞれ必要な手順をご案内いたします。

■電子帳簿保存法への対応準備のイメージ

本ページでは、電子帳簿保存法に対応するうえで必要な申請書類(税務署への申請書類)や弊社へのお申込み手順をご案内いたします。税務署へ提出が必要な申請書や規程集の雛形(サンプル)を配布しておりますので、ぜひご活用ください。
税務署から申請の許可が下りるまでには約3ヶ月かかりますので、こちらをふまえたうえで、導入スケジュールを立ててください。
弊社(株式会社マネーフォワード)が電子帳簿保存法を開始した際のコラムがございますので、ご参考いただけますと幸いでございます。
MFクラウド経費は、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会が認証する「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証」を取得しており、電子帳簿保存法に対応しております。

目次

1.電子帳簿保存法の概要
2.対応できる書類
3.必要の手続きと申請書
4.導入スケジュール
5.料金プラン

1.電子帳簿保存法の概要

電子帳簿保存法の詳細に関しましては、こちらをご参照いただけますと幸いでございます。

2.対応できる書類

MFクラウド経費では立替経費精算の領収書/請求書と会社払いの請求書が電子帳簿保存法プランで対応可能です。
スキャナ保存、電子取引それぞれ取扱が異なりますので、ご注意ください。

業務区分 立替経費精算 支払依頼
書類の区分 ・領収書
・立替経費に関わる請求書
・会社支払の請求書
スキャナ保存(紙の原本をスキャナをかけて電子的に保存) ・受領者が読み取る場合、3日以内に署名して読み取り
・受領者以外の場合は業務サイクル以内(30日+7日)に代理読み取り
・受領者が読み取る場合、3日以内に署名して読み取り
・受領者以外の場合は業務サイクル以内(30日+7日)に代理読み取り
電子取引(インターネット等の取引で発生した領収書、メールで受領した請求書など) ・業務サイクル(30日+7日)程度の期間で読み取り ・業務サイクル(30日+7日)程度の期間で読み取り

3.必要な手続きと書類

電子帳簿保存法にご対応いただくために必要な申請書と申請書のサンプル、弊社へのお申込み方法をご案内します。

税務署への申請書類

税務署への申請で必要な書類は以下よりダウンロード可能です。
こちらの申請書は株式会社マネーフォワードが作成しました申請書類および、規程集の雛形(サンプル)となります。
国税庁から配布されているサンプルを元に作成しておりますので、御社の運用に合わせて編集し提出していただくことが可能でございます。

書類名 説明 ダウンロード 税務署への
提出
申請書 税務署への申請書となります。
記入例を参考に記載をしてください。
ダウンロード
申請書(記入例) 申請書の記載例となります。  ダウンロード
適正事務処理
規定
適正事務処理
規程
弊社が作成した雛形(サンプル)となります。
各社の運用に合わせて編集を行ってください。
・適正事務処理規程
・事務分掌細則
・スキャナによる電子化保存規程
事務分掌細則
スキャナによる
電子化保存規程
MFクラウド経費
電子帳簿保存法機能マニュアル
MFクラウド経費の電子帳簿保存法の機能マニュアルとなります。 ダウンロード

国税庁から配布している申請書や適正事務処理規定は、下記となります。
下記もご参照いただけますと幸いでございます。

書類名 備考 リンク
申請書雛形と記載例 国税庁による、電子帳簿保存法対応の手続き手順となります。 URL
適正事務処理規定 国税庁が配布しているサンプルとなります。 ダウンロード

MFクラウド経費の電子帳簿保存法プランへのお申込み

電子帳簿保存法に対応したプランへのご契約が必要となります。
プランや料金に関しましては「プラン設定」をご参照ください。

4.導入スケジュール

電子帳簿保存法の運用を開始するにあたり、テスト運用を行なうことを推奨しております。
社内の運用フロー等の検証は必要かと思われますので、ぜひテスト運用を行ってから運用を開始していただければと思います。

MFクラウド経費を導入済みの場合

電子帳簿保存法に対応するには、税務署へ申請書を提出してから約3ヶ月が必要となります。
弊社へのお申込み後すぐに開始はできませんので、ご了承ください。
また、必ずテスト運用期間を行い、社内の運用フローを確認してから開始をしてください。

MFクラウド経費を未導入の場合

電子帳簿保存法に対応するには、税務署へ申請書を提出してから約3ヶ月が必要となります。
また、申請書の提出時にはMFクラウド経費の利用が確定している必要がございます。

電子帳簿保存法への対応開始日と、MFクラウド経費の運用開始日を同時にされるのは非常にリスクがございます。
下記の図のように、MFクラウド経費のテスト運用と電子帳簿保存法対応の開始を分けて開始されることを推奨しております。

5.料金プラン

電子帳簿保存法に対応するプランは、下記「コーポレートプラン」「エンタープライズプラン」となります。
料金の詳細に関しましては、「プラン設定」をご確認ください。

ご不明点等ございましたら、MFクラウド経を費画面の右上の「?>お問い合わせ」よりお気軽にお問い合わせいただければと存じます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているページ

よく検索されるキーワード:

  • 経費精算のオートメーション

    明細や領収書の自動連携

    自動連携でサクッと精算

    • 約3,500件以上のクレジットカードや銀行口座と連携していますので、連携データを使ってサクッと精算が可能です。
    • JRのEXPRESSカードや楽天トラベル、ETC、全国タクシーとも連携しています。
  • 領収書の電子保存

    電子帳簿保存法対応

    領収書は電子保存へ

    • 法的要件とMFクラウド経費を利用した電子保存についてのセミナーを開催しています。
    • 電子帳簿保存法に必要な法的書類やお申込み手順もご案内しています。
  • 導入を検討中の方へ

    30日無料体験

    使い勝手を、その目でお確かめください。

    • 仕訳データを自動登録、申請チェック機能など、経理業務を大幅削減できます。
    • レシート・交通系ICカード読み取りなど、スマートフォンアプリで簡単に明細登録が可能です。