マネーフォワード クラウド経費 使い方ガイド

STEP1 事業者設定

事業者設定では、「マネーフォワード クラウド経費」を利用する際の会社の情報等を登録します。
本ガイドでは、事業者設定において必要となる基本的な設定項目をご案内いたします。
詳細な設定については、各画面右上の「?」から「このページのガイド」をご確認ください。

対象ページ

事業者についての設定は、下記のページで可能です。

事業者の設定に移動する

目次

1.基本設定
事業者設定を行います。

2.支払設定
従業員に経費精算をするための支払元となる口座や精算額の集計に必要な設定を行います。

設定方法

1.基本設定

事業者名
社名を登録します。事業者の表示名となります。

1.「管理設定>事業者設定>基本設定」をクリックします。

2.「事業者設定」の「編集」をクリックします。
3.事業者名を入力します。
4.「保存する」をクリックします。
「事業者番号」は自動で採番されます。

2.支払設定

支払口座

会社側から支払を行う際の支払元となる口座を登録します。

1.「管理設定>事業者設定>支払設定」をクリックします。

2.「支払口座」の「新規追加」をクリックします。
支払元の口座情報を登録します。

「振込依頼人コード(委託者コード)(会社コード)」とは、支払元の金融機関から御社に配布されている10桁の固有のコードとなります。
不明の場合は、お取引先の金融機関へお問合せください。
弊社では把握していないコードとなります。
「ジャパンネット銀行」「住信SBIネット銀行」は依頼人コードが存在しないため、
「事業者設定>経費精算支払口座>振込依頼人コード」へは「0(ゼロ)」10桁で登録を行ってください。
なお、金融機関の仕様により、連携後一定の期間が経過しますと、連携は解除される仕組みとなっております。支払処理時に再連携が必要と表示された場合は、こちらの画面より再連携をお願いいたします。

※銀行振込APIをご利用の場合、詳細は、使い方ガイド「銀行振込APIの使い方」をご参照ください。

3.各項目を設定し「保存する」をクリックします。

支払データ用貸方科目

貸方科目によって対象の明細を精算に含めるか否かの設定をします。
精算に含めない設定を行った場合、総合振込(FB)データは作成されません。
従業員が立替えた場合と会社名義のカードで購入した場合で貸方科目を使い分けることで、従業員の立替分のみ精算するといったことが可能です。

1.「事業者設定>支払設定>支払データ用貸方科目」をクリックします。

2.精算に含める貸方勘定科目をチェックします。
精算に含める貸方勘定科目が「指定なし」の場合、該当の貸方勘定科目のすべてを精算対象とします。
精算に含める貸方勘定科目が「貸方補助科目なし」の場合、該当の貸方勘定科目で補助科目がない場合のみ精算対象とします。

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているページ

よく検索されるキーワード:

  • 経費精算のオートメーション

    明細や領収書の自動連携

    自動連携でサクッと精算

    • 約3,500件以上のクレジットカードや銀行口座と連携していますので、連携データを使ってサクッと精算が可能です。
    • JRのEXPRESSカードや楽天トラベル、ETC、全国タクシーとも連携しています。
  • 領収書の電子保存

    電子帳簿保存法対応

    領収書は電子保存へ

    • 法的要件とマネーフォワード クラウド経費を利用した電子保存についてのセミナーを開催しています。
    • 電子帳簿保存法に必要な法的書類やお申込み手順もご案内しています。
  • 導入を検討中の方へ

    30日無料体験

    使い勝手を、その目でお確かめください。

    • 仕訳データを自動登録、申請チェック機能など、経理業務を大幅削減できます。
    • レシート・交通系ICカード読み取りなど、スマートフォンアプリで簡単に明細登録が可能です。