マネーフォワード クラウド経費 使い方ガイド

経費科目自動振り分け

概要

連携サービス」で登録したカードや口座情報から明細情報がマネーフォワード クラウド経費に連携された際や、「オペレーター入力」時に、経費科目(借方科目)を自動で振り分けます。

例えば「トラベル」を含む明細であれば「旅費交通費」、「モバイル」を含む明細であれば「通信費」のように自動で振り分けることができます。設定をすることで、経費登録時につど入力する手間を省くことができます。

また、「連携サービスから登録」で明細を登録した場合、選択した経費科目を自動学習し、次回からは初期値として過去に選択した経費科目が表示されます。

なお、登録可能な件数は200件までとなります。200件を超過した場合、優先度が一番低いルール(同一優先度のルールが複数ある場合はその中で登録日が一番古いルール)が削除されます。
削除したくないルールは優先度を高く(数値を小さく)設定してください。

対象ページ

経費科目自動振り分け

対象ユーザー

一般権限の方
承認権限の方
管理権限の方

目次

設定手順

手順

設定手順

1.個人設定>経費科目自動振り分け画面で「新規追加」をクリックします。

2.詳細を設定します。

優先順
同じ条件がある場合、優先順の数値が低い(数値が小さい)ものが優先されます。

連携サービス
適用される連携サービス内容を選択します。

明細の内容
口座やカードから同期されてくる明細の内容と一致させる文言を登録します。

連携情報 経費科目自動振り分けの設定内容 連携の可否
マネフォトラベル マネフォトラベル
マネフォトラベル マネーフォワードトラベル ×

判定条件
部分一致 : 「明細の内容」に登録された文言の一部が含まれていれば、自動分類を行います。
完全一致 : 「明細の内容」に登録された文言と完全一致している場合のみ、自動分類を行います。
前方一致 : 「明細の内容」に登録された文言が、前方に含まれていれば、自動分類を行います。
後方一致 : 「明細の内容」に登録された文言が、後方が含まれていれば、自動分類を行います。
内容無視 : 連携された口座・カード明細の摘要欄に何が記載されていても、内容を無視して設定された科目に自動分類します。「モバイルsuica」の場合はすべて「旅費交通費」、のような設定が可能です。

例)「明細の内容」に【マネフォトラベル】と設定した場合

摘要欄に記載された内容
【マネフォトラベル】●●ビジネスホテル ●●ビジネスホテル【マネフォトラベル】 【マネフォトラベル】
部分一致
完全一致 × ×
前方一致 ×
後方一致 ×
内容無視

上限金額/下限金額
自動分類の金額の範囲を設定します。

経費科目
条件が一致した場合に自動分類する借方の経費科目を設定します。

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているページ

よく検索されるキーワード:

  • 経費精算のオートメーション

    明細や領収書の自動連携

    自動連携でサクッと精算

    • 約3,500件以上のクレジットカードや銀行口座と連携していますので、連携データを使ってサクッと精算が可能です。
    • JRのEXPRESSカードや楽天トラベル、ETC、全国タクシーとも連携しています。
  • 領収書の電子保存

    電子帳簿保存法対応

    領収書は電子保存へ

    • 法的要件とマネーフォワード クラウド経費を利用した電子保存についてのセミナーを開催しています。
    • 電子帳簿保存法に必要な法的書類やお申込み手順もご案内しています。
  • 導入を検討中の方へ

    30日無料体験

    使い勝手を、その目でお確かめください。

    • 仕訳データを自動登録、申請チェック機能など、経理業務を大幅削減できます。
    • レシート・交通系ICカード読み取りなど、スマートフォンアプリで簡単に明細登録が可能です。