マネーフォワード クラウド経費 使い方ガイド

【iOS版】ICカードリーダーアプリ

ICカードリーダー(iOSアプリ)

ICカードリーダー by マネーフォワード (iOSアプリ)をダウンロードいただきますと、iOS端末(NFC機能を実装している)で各種交通系ICカードの読み取りが可能です。
読み取ったデータを「マネーフォワード クラウド経費」や無料家計簿・お金の見える化アプリ「マネーフォワード ME」に転送し、経費登録がかんたんに行えます。

以下QRコードの読み取りからもアプリのダウンロードが可能です。

1台のiOS端末に上記アプリをインストールし、複数のメンバーで利用することも可能です。
社内の入り口等に設置し、営業から帰ったらかざし、データを随時読み込む運用が便利です。
ICカードと端末は1対1で紐付いておりますので、端末が複数ある場合は、端末ごとに設定が必要です。
ICカードには20件しか履歴が残らないため、こまめに読み込みをお願いいたします。

目次

1.動作保障
2.対応ICカード
3.初回連携手順
4.自動送信について
5.読み取れる内容
6.連携サービスに表示されない
7.紐付けを変更する
8.1台のiosアプリを複数メンバーで利用する場合

1.動作保障

・iOS 13以上
・FeliCa対応のNFC搭載端末対応(iPhone 7 以降)

2.対応ICカード

現時点で読み取れるICカードは次の通りです。

交通系ICカード
Suica / りんかいSuica / モノレールSuica / PASMO / ICOCA / ICOCA(SHIKOKU) / ICOCA(KEIHAN)/
TOICA / nimoca / でんでんnimoca / SUGOCA / mono SUGOCA / manaca / PiTaPa / Kitaca /
はやかけん/ SAPICA / icsca / NORUCA / CI-CA / NicoPa / らんでんカード / hanica /くまもんのIC CARD /
ですか / ICい〜カード / ICa / passca / ecomyca / ナイスパス / OKICA
電子マネーICカード
nanaco / WAON / Edy

※一部Androidと読み取れるカードの種別に差異がございます。
ICカードには20件しか履歴が残らないため、こまめに読み込みをお願いいたします。
20件の履歴はICカードを発行している鉄道会社の仕様となりますので、ご了承ください。

3.初回連携手順

1.アプリをダウンロード
「ICカードリーダー by マネーフォワード」で検索してください。
2. ホーム画面のアイコンをタップし、アプリを起動します。
3. 「ICカードをスキャンする」をタップします。

4.下記画面が表示されたら、スマートフォンの裏にICカードをかざします。

5. 最終残高および利用履歴が表示されます。
6. 右下にある紙飛行機のアイコンをタップします。

7.「マネーフォワード クラウドへ送信」をタップ

8.マネーフォワード クラウド経費でご利用のログインID(メールアドレス)およびパスワードを入力します。

「パスワードを忘れた方」「新規アカウント作成」はMoney Forword MEをご利用の方の機能となります。クラウド経費のパスワードリセットやアカウント作成はできません。

9.下記画面が表示されたら、マネーフォワード クラウド経費への連携は完了です。

10.連携サービス画面より経費明細として登録します。
※マネーフォワード クラウド経費の連携サービス画面に表示されるのは電車やバスなどの乗車履歴または、自動販売機やコンビニなどでの決済履歴となります。チャージ履歴は表示されません。
11.初回連携以降に、データ自動送信することが可能となります。

4.自動送信について

初回連携後に自動送信をオンにしていると、以後はカードをかざすだけで自動的にICカード履歴がマネーフォワード クラウド経費にデータ連携されます。

自動連携したくない場合は、自動送信をオフにして紙飛行機アイコンから履歴の送信を行うことも可能です。

5.読み取れる内容

・カードの残高照会
・電車やバスなどの乗車履歴
・チャージ履歴
・自動販売機やコンビニなどでの決済履歴

6.連携サービスに表示されない

スマートフォンアプリからの転送は行えるのに、PCから「連携サービス」にアクセスすると表示されない場合、「連携サービス表示設定」にチェックが入っていない可能性がございます。
「連携サービス表示設定」にご利用の口座・カードにチェックが入っているかをご確認ください。

7.紐付けを変更する

「マネーフォワード クラウド経費」と連携させるICカードとは異なるICカードを紐付けてしまった場合は、下記手順で紐付けを解除してください。
1.アプリを起動し、「自動送信」をオフにしてからICカードを読み取ります。
2.画面右上の「・・・」をタップ
3.「マネーフォワード連携を解除」をタップ
4.対象のICカードとの連携が解除されます。
再度アプリを立ち上げ、3.初回連携手順のとおりに連携をお願いいたします。

8.1台のios端末の複数メンバーで利用する場合

iOS端末を1台社内の入り口等に設置し、営業から戻ったメンバーがICカードをかざすことで、随時データを転送することができます。
設定手順は下記となります。

初期設定

1.iOS端末にICカードリーダー by マネーフォワード (iOSアプリ)をダウンロードします
2.各メンバーごとに3.初回連携手順のとおりに連携を行います。
3.全員の設定が完了したら、「自動送信」の状態で入り口等にセットします
4.アプリを起動し、「ICカードをスキャンする」をタップした状態でICカードをかざすと、自動連携されます。

キーワード:スイカ/すいか/パスモ/ぱすも/イコカ/いこか/トイカ/といか/ニモカ/にもか/スゴカ/すごか/マナカ/まなか/ピタパ/ぴたぱ/

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているページ

よく検索されるキーワード:

  • 経費精算のオートメーション

    明細や領収書の自動連携

    自動連携でサクッと精算

    • 約3,500件以上のクレジットカードや銀行口座と連携していますので、連携データを使ってサクッと精算が可能です。
    • JRのEXPRESSカードや楽天トラベル、ETC、全国タクシーとも連携しています。
  • 領収書の電子保存

    電子帳簿保存法対応

    領収書は電子保存へ

    • 法的要件とマネーフォワード クラウド経費を利用した電子保存についてのセミナーを開催しています。
    • 電子帳簿保存法に必要な法的書類やお申込み手順もご案内しています。
  • 導入を検討中の方へ

    30日無料体験

    使い勝手を、その目でお確かめください。

    • 仕訳データを自動登録、申請チェック機能など、経理業務を大幅削減できます。
    • レシート・交通系ICカード読み取りなど、スマートフォンアプリで簡単に明細登録が可能です。