MFクラウド経費 お知らせ

分析機能をリリースしました

2016年05月13日

いつもMFクラウド経費をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
このたび、これまでお預かりしていた多数のご要望にお応えし、分析機能をリリースいたしました。
これにより「メンバー」「経費科目」「部門」「プロジェクト」ごとに、経費の分析が可能となりました。
また、グラフ表示やCSVダウンロードにも対応しております。

設定ページ

メニュー>管理・分析>分析

ご利用の流れ

1.対象となる経費を検索する
2.集計タイプ・集計単位を選択する
3.グラフが表示されます
4.CSVデータのダウンロードについて

1.対象となる経費を検索する

「分析」画面で、検索条件を指定し「検索」ボタンをクリックします。
検索条件には「日付レンジ」「承認ステータス」「メンバー」「経費科目」「部門」「プロジェクト」を指定することができます。
分析機能01

2.集計タイプ・集計単位を選択する

集計タイプ・集計単位を選択します。
集計タイプは「メンバー」「経費科目」「部門」「プロジェクト」から、集計単位は「日」「週」「月」「年」から選択できます。
分析機能02

3.グラフが表示されます

選択した内容に基づきグラフが表示されます。
例1:集計タイプ「経費科目」 / 集計単位「月」
分析機能03
例2:集計タイプ「部門」 / 集計単位「年」
分析機能03

4.CSVデータをダウンロードする

グラフの右上にある「csvダウンロード」をクリックすると、CSVデータをダウンロードすることができます。
分析機能05
今後とも皆様のご要望に基づき、新機能開発、機能改善を進めてまいります。
ご意見・ご要望はログインの上、ホーム画面右下の「不明点・お問い合わせはこちらから」よりお送りください。

よく検索されるキーワード:

  • 経費精算のオートメーション

    明細や領収書の自動連携

    自動連携でサクッと精算

    • 約3,500件以上のクレジットカードや銀行口座と連携していますので、連携データを使ってサクッと精算が可能です。
    • JRのEXPRESSカードや楽天トラベル、ETC、全国タクシーとも連携しています。
  • 領収書の電子保存

    電子帳簿保存法対応

    領収書は電子保存へ

    • 法的要件とMFクラウド経費を利用した電子保存についてのセミナーを開催しています。
    • 電子帳簿保存法に必要な法的書類やお申込み手順もご案内しています。
  • 導入を検討中の方へ

    30日無料体験

    使い勝手を、その目でお確かめください。

    • 仕訳データを自動登録、申請チェック機能など、経理業務を大幅削減できます。
    • レシート・交通系ICカード読み取りなど、スマートフォンアプリで簡単に明細登録が可能です。