マネーフォワード クラウド経費 お知らせ

仮払機能をリリースいたしました

2020年09月24日

いつもマネーフォワード クラウド経費をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
この度、かねてからのご要望にお応えし、仮払機能をリリースいたしましたので、お知らせいたします。

高額な立替が発生する場合など、事前に金額を受領するための仮払申請および仮払精算が可能となります。
なお、仮払機能をご利用いただくにはマネーフォワード クラウド経費で「エンタープライズプラン」のお申し込みが必要となります。プラン変更をご希望の場合は、こちらをご参照ください。

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド経費のエンタープライズプランをご利用中のお客さま

対象機能

対応パターン

この度リリースする仮払機能では下記3つのパターンに対応しております。
会社の運用に合わせて、いずれかのパターンをご設定ください。

種別 詳細
一つの仮払申請:一つの経費精算 1件の仮払申請に対して1件の精算申請とします
一つの仮払申請:複数の経費精算 1件の仮払申請に対して複数件の精算申請を可能とします
複数の仮払申請:一つの経費精算 複数件の仮払申請をまとめて1件の精算申請を可能とします

機能詳細

申請者

申請時に受取方法や勘定科目を選択して仮払申請することが可能です。
※受取方法や勘定科目はあらかじめ管理者によって設定することができます。また、申請者での選択誤りをなくすために選択不可とすることも可能です。

管理者

管理者用の経理業務画面では、従来の申請者名や申請日だけでなく、仮払いに関わる項目として仮払額や利用額、残高はもちろんのこと、紐づく仮払精算(経費精算)申請番号も確認することができます。

仮払機能の設定方法や申請手順につきましては、以下ガイドをご参照ください。
仮払設定
仮払申請から仮払精算までの手順
仮払精算手順

 

引き続き、お客様皆様のご要望を元に新機能開発・機能改善を進めてまいります。
今後ともマネーフォワード クラウド経費をご愛顧くださいますようお願いいたします。

よく検索されるキーワード:

  • 経費精算のオートメーション

    明細や領収書の自動連携

    自動連携でサクッと精算

    • 約3,500件以上のクレジットカードや銀行口座と連携していますので、連携データを使ってサクッと精算が可能です。
    • JRのEXPRESSカードや楽天トラベル、ETC、全国タクシーとも連携しています。
  • 領収書の電子保存

    電子帳簿保存法対応

    領収書は電子保存へ

    • 法的要件とマネーフォワード クラウド経費を利用した電子保存についてのセミナーを開催しています。
    • 電子帳簿保存法に必要な法的書類やお申込み手順もご案内しています。
  • 導入を検討中の方へ

    30日無料体験

    使い勝手を、その目でお確かめください。

    • 仕訳データを自動登録、申請チェック機能など、経理業務を大幅削減できます。
    • レシート・交通系ICカード読み取りなど、スマートフォンアプリで簡単に明細登録が可能です。