マネーフォワード クラウド経費 お知らせ

経費科目ごとの税区分の設定、発生日付による税区分の自動判定ができるようになりました

2019年08月28日

いつもマネーフォワード クラウド経費をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
この度、2019年10月1日より施行予定の消費税改正への対応として、経費科目ごとの税区分の設定、発生日付による税区分の自動判定機能をリリースいたしました。

経費科目ごとの税区分の設定

今まで明細登録時の税区分の初期値は、経費科目に紐づく勘定科目(補助科目)にクラウド会計で設定されている税区分となっておりました。
経費科目ごとに税区分の設定ができるよう機能追加することで、軽減税率用の勘定科目(補助科目)を増設することなく、経費科目の増設だけで税区分の使い分けが可能になります。

※表示される税区分は、マネーフォワード クラウド会計の各種設定>税区分にてチェックの入っているものとなります。不足がありましたら、メンテナンスお願いいたします。

※仕訳エクスポートにて他社会計ソフト連携用の税区分コードを出力されているお客様は、マネーフォワード クラウド会計の各種設定>税区分にて「検索キー」に新たに追加された税区分のコードを設定お願いいたします。

発生日付による税区分の自動判定機能

計上日が2019年9月30日以前の場合、「課税仕入 10%」「共通課税仕入 10%」「非課税対応仕入 10%」の仕訳が作成されないように自動判定します。

経費登録

経費登録時の日付が2019年9月30日以前の状態で、入力された税区分が「課税仕入 10%」「共通課税仕入 10%」「非課税対応仕入 10%」のいずれかの場合、自動で対応する8%の税区分に上書きして登録されます。

税区分が「経費科目に紐づく税区分」が登録されている場合でも、同様に日付をもとに自動判定された税区分が登録されます。

支払依頼

支払依頼申請時の費用計上日が2019年9月30日以前の場合、「課税仕入 10%」「共通課税仕入 10%」「非課税対応仕入 10%」を選択しても自動で対応する8%の税区分が設定されます。

デフォルト税区分に「課税仕入 10%」「共通課税仕入 10%」「非課税対応仕入 10%」のいずれかが設定がされている経費科目設定を選択した場合も、同様に費用計上日をもとに自動判定された税区分が自動で設定されます。

その他の申請

その他申請の明細登録時、日付が2019年9月30日以前の状態で、入力された税区分が「課税仕入 10%」「共通課税仕入 10%」「非課税対応仕入 10%」のいずれかの場合、自動で対応する8%の税区分に上書きして登録されます。

税区分が「経費科目に紐づく税区分」が登録されている場合でも、同様に日付をもとに自動判定された税区分が登録されます。

今後ともマネーフォワード クラウドシリーズをご愛顧賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

関連FAQ:  2019年10月の消費税改正までに何をすればよいのでしょうか?

よく検索されるキーワード:

  • 経費精算のオートメーション

    明細や領収書の自動連携

    自動連携でサクッと精算

    • 約3,500件以上のクレジットカードや銀行口座と連携していますので、連携データを使ってサクッと精算が可能です。
    • JRのEXPRESSカードや楽天トラベル、ETC、全国タクシーとも連携しています。
  • 領収書の電子保存

    電子帳簿保存法対応

    領収書は電子保存へ

    • 法的要件とマネーフォワード クラウド経費を利用した電子保存についてのセミナーを開催しています。
    • 電子帳簿保存法に必要な法的書類やお申込み手順もご案内しています。
  • 導入を検討中の方へ

    30日無料体験

    使い勝手を、その目でお確かめください。

    • 仕訳データを自動登録、申請チェック機能など、経理業務を大幅削減できます。
    • レシート・交通系ICカード読み取りなど、スマートフォンアプリで簡単に明細登録が可能です。