マネーフォワード クラウド請求書 使い方ガイド

消費税法の改正に伴う毎月自動作成の設定変更方法

マネーフォワード クラウド請求書では、消費税法の改正に対応した機能を実装いたしました。
このたびのリリースでは、誤ってお客様の想定とは異なる消費税率の帳票が作成されてしまうことを防ぐため、システム側で自動的に消費税率を切り替える対応は行っておりません。
そのため、大変お手数でございますが、適宜お客様にて各種設定を変更する必要がございます。
詳しくは本ガイドをご参照のうえ、ご対応くださいますようお願い申し上げます。

なお、本ガイドでは、毎月自動作成のひな形を変更する方法をご案内しております。
毎月自動作成機能以外の変更方法は、こちらをご参照ください。

対象ユーザー

  • マネーフォワード クラウド請求書を有料プランでご利用中のお客様

対象ページ

目次

■ひな形を手動で編集する場合
■ひな形を一括で編集する場合

概要

毎月自動作成機能は、ひな形で設定されている消費税率をもとに請求書を自動的に作成します。
そのため、お客様の任意のタイミングで、登録済みのひな形における各品目の消費税率を編集する必要がございます。

ひな形の消費税率を変更したい場合は、手動、またはCSVアップロード機能(一括登録・編集)によって、以下いずれかの方法で対応してください。

  • 登録済みのひな形に加えて、新しくひな形を登録する方法
  • 登録済みのひな形にて消費税率を変更する方法

本ガイドは、以下事例の対応方法を説明いたします。

・現在、ひな形は消費税率8%で登録中
・月に1回、消費税率8%の請求書を毎月自動作成機能で作成している
・2019年10月以降に作成される請求書は消費税率10%で作成したい(2019年9月までは消費税率8%で作成したい)

■ひな形を手動で編集する場合

登録済みのひな形に加えて、新しくひな形を登録する方法

消費税率8%のひな形とは別に、新しく消費税率10%のひな形を登録する方法です。
新しくひな形を登録することで、消費税率8%のひな形と消費税率10%のひな形を分けて管理できます。

1.登録済みのひな形(8%)の作成終了日を設定する

2019年10月から消費税率10%の請求書を作成したいため、消費税率8%のひな形は、2019年9月で作成が終了するように作成終了日を変更します。
毎月自動作成にて、ひな形の右にある「編集」から「作成スケジュールの編集」を選択します。

作成スケジュールの設定画面にて、終了日に「2019/09/30」と入力し、「この内容で設定を保存」をクリックすると、設定が完了します。
※終了日は、9月中の自動作成日の翌日から10月中の自動作成日の前日までに設定すれば問題はございませんが、「2019/09/30」などの分かりやすい日付に設定することを推奨いたします。

2.新しいひな形(消費税率10%)を登録する

毎月自動作成の「ひな形を作成」から消費税率10%のひな形を登録します。
ひな形の登録方法は、こちらをご参照ください。

ひな形登録時は、登録済みのひな形(8%)と区別できるようにするため、ひな形名に(10%)などを付けることを推奨いたします。
消費税率は、各品目の右にある「詳細(鉛筆マーク)」から設定できます。

消費税欄に想定の消費税率を設定し、「保存」すると、ひな形の作成画面に戻ります。

ひな形の内容を入力して「ひな形を保存」をクリックすると、作成スケジュールの設定画面が表示されます。

開始日に「2019/10/01」を設定し、「この内容で設定を保存」をクリックすると、設定が完了します。
※10月1日から10月中の自動作成予定日の前日までに設定すれば問題はございませんが、「2019/10/01」などの分かりやすい日付に設定することを推奨いたします。

登録済みのひな形にて消費税率を変更する方法

登録済みのひな形をもとに9月分までの請求書が作成された後、10月分の請求書が作成されるよりも前に、お客様にてひな形を消費税率10%に編集する方法です。
毎月自動作成から各ひな形の右にある「編集」から「ひな形の編集」を選択します。

ひな形の編集画面にて、各品目の右にある「詳細(鉛筆マーク)」をクリックします。

消費税欄に想定の消費税率を設定し、「保存」すると、ひな形の作成画面に戻ります。

ひな形を保存し、作成スケジュールを保存すると、設定が完了します。

■ひな形を一括で編集する場合

CSVアップロード機能によって、ひな形を一括で登録・編集する方法です。

登録済みのひな形に加えて、新しくひな形を登録する方法

消費税率8%のひな形とは別に、新しく消費税率10%のひな形を登録する方法です。
新しくひな形を登録することで、消費税率8%のひな形と消費税率10%のひな形を分けて管理できます。

1.登録されたひな形情報が記載されたCSVファイルのダウンロード

毎月自動作成の「CSVでひな形を作成」から「CSVダウンロード」を選択します。

CSVダウンロード画面にて、「ダウンロードする」をクリックすると、登録したひな形の情報が記載されたCSVファイルがダウンロードできます。

「自動作成の形式」は、「縦並び」と「横並び」がありますので、お客様が利用しやすい形式でCSVファイルをダウンロードしてください。

  • 縦並び:1つのひな形の内容を設定行、請求書行、品目行に分けて入力する形式
  • 横並び:1つのひな形の内容を1行に入力する形式

また、文字コードについては、Windowsを使用している場合は「SHIFT-JIS」、Macを使用している場合は「UTF-8」を選択してください。

2.CSVファイルを編集する

ダウンロードされたCSVファイルにて、作成終了日に「2019/09/30」と入力します。
新しく登録されるひな形(10%)と、登録中のひな形(8%)を区別するために、「ひな形タイトル」に(8%)などをつけてタイトル名を入力することを推奨いたします。

消費税率10%のひな形を登録するために、登録済みのひな形情報が記載される下の空欄行に登録済みのひな形情報の行をコピーアンドペーストで貼り付けます。

消費税率10%のひな形内容に修正し、CSVファイルを保存します。

  • 1. 固有識別子は、空欄に修正します。
    ※固有識別子は登録済みのひな形を更新する際に利用します。新しいひな形を登録する際は、空欄に修正します。
  • 2. 作成開始日・終了日を新しいひな形(10%)をもとに請求書を作成される予定の期間で入力します。
  • 3. 品目消費税率を「10%」に修正します。
    ※品目消費税率欄には、「10%、軽8%、8%、5%、免税、非課税、不課税」のいずれかをご入力ください。

また、登録済みのひな形(8%)と区別できるようにするため、ひな形名に(10%)などを付けることを推奨いたします。

3.CSVファイルのアップロード

毎月自動作成の「CSVでひな形を作成」から「CSVアップロード」を選択します。

編集したCSVファイルを選択し、「CSVファイルをアップロード」をクリックすると、ひな形の一括編集、登録が完了します。

登録済みのひな形にて消費税率を変更する方法

登録済みのひな形をもとに9月分までの請求書が作成された後、10月分の請求書が作成されるよりも前に、お客様にてひな形を消費税率10%に編集する方法です。

1.登録されたひな形情報が記載されたCSVファイルのダウンロード

前述の方法で、毎月自動作成の「CSVでひな形を作成」>「CSVダウンロード」からCSVファイルをダウンロードします。

2.CSVファイルを編集する

ダウンロードされたCSVファイルにて、各品目の「品目消費税率」を「10%」に修正し、CSVファイルを保存します。
品目消費税欄には、「10%、軽8%、8%、5%、免税、非課税、不課税」のいずれかをご入力ください。

3.CSVファイルのアップロード

毎月自動作成の「CSVでひな形を作成」から「CSVアップロード」を選択します。

編集したCSVファイルを選択し、「CSVファイルをアップロード」をクリックすると、ひな形の一括編集が完了します。

上記操作後に自動で作成される請求書には、新しい消費税率が適用されます。

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード:

  • 掛売りにおける請求業務をすべて代行

    MF KESSAI

    • 掛売り(企業間後払い決済)に伴う与信管理・代金回収・督促業務といった請求業務をすべて代行することで、ユーザー様の生産性向上に貢献します。
    • 未回収リスクの保障や、高い与信通過率により、幅広い顧客にアプローチができ、顧客の取り逃がし防止にも貢献します。
    • 買い手様に書類提出や捺印などの手間をかけないため、顧客満足度の向上につながります。
  • マネーフォワード クラウド請求書のココがすごい!

    導入企業の活用事例

    • クラウドならではの機能で、 コミュニケーションや帳票管理のコストを改善した事例をご紹介しています!
    • 「出先からでもインターネットでアクセスし、さっと作ってメール送信で完結できるようになった。」、「未収のアラート機能によって請求書の管理効率が改善された。」など、サービスご利用中のお客様の声を掲載しています。