マネーフォワード クラウド請求書 お知らせ

サービス画面のリニューアルに関するお知らせ ※4月19日追記あり

2020年12月25日

※追記(2021年2月5日):「変更点」を追記いたしました。
※追記(2021年3月19日):「リニューアル予定」の追記ならびに「変更点」を修正いたしました。
※追記(2021年4月19日):「リニューアル予定」を変更いたしました。

いつもマネーフォワード クラウド請求書をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

このたび、サービス画面をリニューアルすることとなりましたので、お知らせいたします。

具体的なリニューアル内容や日付につきましては、今後、本お知らせを更新のうえご案内いたします。
恐れ入りますが、詳細なご案内まで今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド請求書をご利用中のお客さま

リニューアル予定

2021年5月11日(火) 20時頃
※リリース予定が変更となった場合は、本お知らせを更新してお知らせいたします。

リニューアルの目的

これまでマネーフォワード クラウド請求書では、お客さまより多くのご意見・ご要望を頂戴してまいりました。皆さまからのご意見・ご要望をもとに「画面の分かりやすさ」や「使い勝手」について検討を重ね、このたびリニューアルを実施することとなりました。

なお、今回は「各書類の一覧」ならびに「書類の作成・編集」画面を中心とした改善を予定しておりますが、引き続きサービス画面ならびに各機能の改善にも努めてまいる所存でございます。

請求書一覧の画面イメージ

変更点

このたびのサービス画面のリニューアルとともに、一部機能を変更いたします。
主な変更点は以下となりますので、ご確認ください。

書類の作成・編集画面について

「取引先」の新規登録・編集

取引先の新規登録において、「取引先」欄への直接入力を廃止し、「取引先を追加」ボタンをクリックしてから登録を行う挙動に統一いたします。
また、「取引先を編集」ボタンを廃止し、「取引先詳細」欄を新たに追加いたします。

これまで、取引先を新たに登録する場合は、「取引先」欄に名称を直接入力することが可能でしたが、今後は「取引先を追加」ボタンを先にクリックしたうえで、取引先情報の入力をお願いいたします。

また、新たに「取引先詳細」欄を追加いたします。
「取引先」欄から取引先を選択することで、「取引先詳細」欄に「マスタ管理>取引先」画面での登録内容が反映します。「取引先詳細」欄では、作成している書類に反映する住所や担当者情報を自由に編集することが可能です。

なお、この「取引先詳細」欄の編集内容は、マスタには反映いたしません。
マスタの登録内容は、「マスタ管理>取引先」画面から編集を行ってください。

「品目」の追加

「品目一覧へ自動追加」機能が「品目一覧への登録」機能に変更となります。
帳票設定>明細」画面で「品目一覧への登録」というチェックボックスが表示され、チェックが入っているか否かにより、書類の作成・編集時の挙動が変わります。

  • チェックが入っている場合
    「品目マスタに登録されていない品目」を入力すると、ダイアログが表示されます。このダイアログで、品目マスタに登録するか否かを選択可能です。
  • チェックを外している場合
    「品目マスタに登録されていない品目」を入力しても、ダイアログが表示されません。また、品目マスタへの登録は行われません。

テンプレートについて

これまでは一部のテンプレートのみ「改ページ対応」として提供しておりましたが、このたびのリニューアルでは、すべてのテンプレートが「改ページ対応」となります。

「改ページ対応」となることで、作成した書類が複数ページに渡った場合の「PDFファイル」内の配置が改善します。この改善に伴い、各テンプレートの名称をあわせて変更いたします。

なお、各プレビュー表示では、改ページが行われません。お手数ですが、作成した書類の「PDFファイル」を出力し、ご確認くださいますようお願いいたします。

「メール送信」機能について

1枚の書類をメール送信する場合、送信前の確認画面においてURLが表示されなくなります。

今後は、URLが表示される箇所に「(送付先ではこちらにダウンロード用URLが表示されます)」という文言が表示されます。メール内に記載されているURLを開いたときにどのような画面表示になるかは、リニューアル時に新たなガイドをご用意いたしますので、ご案内までお待ちください。

合算請求書について

「納品書合算請求書」機能と「一括請求書変換」機能を統合し、複数の納品書を取引先ごとに合算する「合算請求書」機能の提供を開始します。

納品書合算請求書

同じ取引先に対して作成した複数の納品書を、1枚の請求書にまとめる機能です。

  • 同一取引先に対する納品書のみ選択ができます。

一括請求書変換

複数の取引先に対して作成した複数の納品書を、複数の請求書に変換する機能です。

  • 原則、1枚の納品書につき1枚の請求書へ変換します。
  • 同一取引先に対する納品書を複数選択した場合は、合算して1枚の請求書へ変換します。

リニューアル後、「合算請求書」機能を利用した場合は、変換前の計3枚の納品書を一度に選択すると、A取引先に対して1枚・B取引先に対して1枚の計2枚の請求書が作成されます。

例       変換前          変換後
   A取引先に対する2枚の納品書 → 1枚の請求書(合算)
   B取引先に対する1枚の納品書 → 1枚の請求書

注意事項
現在開発中のため、各画面のレイアウトや表記は変更となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

今後も皆さまのご要望に基づき、新機能開発・機能改善を進めてまいります。
ご意見・ご要望は、サービス画面にログイン後、フィードバックフォームよりお送りください。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく検索されるキーワード:

  • 掛売りにおける請求業務をすべて代行

    マネーフォワード ケッサイ

    • 掛売り(企業間後払い決済)に伴う与信管理・代金回収・督促業務といった請求業務をすべて代行することで、ユーザー様の生産性向上に貢献します。
    • 未回収リスクの保障や、高い与信通過率により、幅広い顧客にアプローチができ、顧客の取り逃がし防止にも貢献します。
    • 買い手様に書類提出や捺印などの手間をかけないため、顧客満足度の向上につながります。
  • マネーフォワード クラウド請求書のココがすごい!

    導入企業の活用事例

    • クラウドならではの機能で、 コミュニケーションや帳票管理のコストを改善した事例をご紹介しています!
    • 「出先からでもインターネットでアクセスし、さっと作ってメール送信で完結できるようになった。」、「未収のアラート機能によって請求書の管理効率が改善された。」など、サービスご利用中のお客様の声を掲載しています。