マネーフォワード クラウド請求書 お知らせ

消費税改正(消費税率10%、軽減税率8%)に対応しました

2019年08月26日

いつも請求書作成ソフト「マネーフォワード クラウド請求書」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2019年10月1日より施行予定の消費税改正(消費税率10%・軽減税率8%)に伴う機能追加対応について、リリースが完了いたしましたので、ご案内いたします。

リリース機能概要

消費税改正に対応した税区分を追加しました

1.品目ごとの消費税率設定に対応
品目ごとに消費税率を設定する機能が追加され、1つの帳票内で複数の税率設定が可能になりました。

2.消費税率の税区分を細分化
8%の消費税率が「8%」と「8%(軽減税率)」の二種となり、消費税をかけない場合、「免税」「非課税」「不課税」の中から設定可能になりました。

帳票表示が消費税改正に対応した記載になりました

1. 軽減税率であることをあらわすマーク「※」を表示
品目の税区分を「8%(軽減税率)」に設定すると、軽減税率であることをあらわすマーク「※」が自動で表示されます。

2. 「※」が軽減税率品目であることの注釈を自動表示
軽減税率品目であることの注釈が自動で表示されます。
※注釈の文言は変更できません

3. 適用税率・税率ごとの消費税額の自動記載に対応
適用税率と、各税率ごとの消費税額が自動記載されます。

※現時点で、消費税の内訳の自動記載を非表示にする機能は提供がございません。
なお、消費税のかからない税率を設定した際に、その内訳を非表示にする機能をリリースしました。
詳細についてはこちらをご確認ください。

なお、領収書は、消費税の内訳に加えて、品目名も表示されるようになりました。

マネーフォワード クラウド請求書APIが消費税改正に対応しました

マネーフォワード クラウド請求書APIの消費税率変更・軽減税率対応についてをご参照ください。

CSVアップロードの仕様が変わりました

以下の機能において、品目ごとに消費税率の設定が可能となりました。

・帳票アップロード
・販売管理台帳
・毎月自動作成
・品目マスタ

■CSVアップロードで品目マスタの更新ができるようになりました
これまで品目のCSVアップロード機能は「新規登録」のみ可能でしたが、CSVファイルでダウンロードできる品目データ内に「固有識別子」の項目が追加され、一括で品目データの更新ができるようになりました。

「マネーフォワード クラウド会計・確定申告」連携の税区分適用の仕様が変わりました

マネーフォワード クラウド会計・確定申告側の「勘定科目」の税区分設定にかかわらず、マネーフォワード クラウド請求書で品目に対して設定をした税率に応じた税区分が適用された状態で、「請求書から入力」に仕訳が連携されるようになりました。
より詳細な適用ルールについてはこちらをご確認ください。

※マネーフォワード クラウド会計・確定申告側の対応概要についてはこちらをご参照ください

リリース後の注意点

このたびのリリースでは、誤ってお客様の想定とは異なる消費税率の帳票が作成されてしまうことを防ぐため、システム側で自動的に消費税率を切り替える対応は行っておりません。
そのため、大変お手数でございますが、適宜お客様にて各種設定を変更する必要がございます。
詳しくは、以下のガイドをご参照のうえ、ご対応くださいますようお願い申し上げます。

よく検索されるキーワード:

  • 掛売りにおける請求業務をすべて代行

    MF KESSAI

    • 掛売り(企業間後払い決済)に伴う与信管理・代金回収・督促業務といった請求業務をすべて代行することで、ユーザー様の生産性向上に貢献します。
    • 未回収リスクの保障や、高い与信通過率により、幅広い顧客にアプローチができ、顧客の取り逃がし防止にも貢献します。
    • 買い手様に書類提出や捺印などの手間をかけないため、顧客満足度の向上につながります。
  • マネーフォワード クラウド請求書のココがすごい!

    導入企業の活用事例

    • クラウドならではの機能で、 コミュニケーションや帳票管理のコストを改善した事例をご紹介しています!
    • 「出先からでもインターネットでアクセスし、さっと作ってメール送信で完結できるようになった。」、「未収のアラート機能によって請求書の管理効率が改善された。」など、サービスご利用中のお客様の声を掲載しています。