マネーフォワード クラウド給与 使い方ガイド

NTTデータ「年調・法定調書の達人」へのインポート用ファイル作成方法

いつもマネーフォワード クラウド給与をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

マネーフォワード クラウド給与の年末調整機能では、従業員情報、給与データ、賞与データ、年末調整Web回収データおよび年末調整計算データを元にした、NTTデータ「年調・法定調書の達人」(以下「達人」)のインポート用ファイル作成に対応しています。

ここでは、達人のインポート用ファイルの作成方法と、出力項目についてまとめています。

達人でのインポート方法につきましては、恐れ入りますが製品サポートへお問い合わせいただきますようお願いします。

対象ページ

メニュー > 年末調整 > 他ソフトで年末調整計算

操作方法

マネーフォワード クラウド給与の左メニューから、[年末調整] > [他ソフトで年末調整計算]をクリックしてください。

[年調・法定調書の達人]をクリックしてください。

マイナンバー出力の有無の選択と、パスワードの設定をしてください。

※ マイナンバー出力で「する」を選択した場合、マネーフォワード クラウド給与に登録されたマイナンバーを出力します。マネーフォワード クラウド給与にマイナンバーが登録されていない、かつ、マネーフォワード クラウドマイナンバーと連携している場合は、マネーフォワード クラウドマイナンバーに登録されたマイナンバーを出力します。

※ マネーフォワード クラウドマイナンバーと連携している場合、以下の場合はマイナンバーが出力されません。
・ログインしているユーザーがマネーフォワード クラウドマイナンバーの「マイナンバー管理者」でない場合
・マネーフォワード クラウドマイナンバー側で、提出されたマイナンバーが「承認済み」になっていない場合
・利用目的に「給与所得・退職所得の源泉徴収票作成事務」が含まれていない場合

最後に、[ダウンロード]をクリックしてください。

指定のフォルダにインポート用ファイルがダウンロードされますので、ダウンロードいただいたファイルを達人にインポートしてください。
インポートの際には、ダウンロードの時に設定いただいたパスワードが必要です。

項目の変換

達人項目名 MF項目名 備考
顧問先名 事業所名 複数事業所を設定している場合は、本社の事業所名を出力します。本社が複数ある場合は、一番上に登録されている事業所名を出力します。
申告年度 他ソフトで年末調整計算>年
モード NORMALを固定で出力
個人番号 マイナンバー 「出力する」 を選択したときのみ出力します。
所属コード 部門コード
所属名称 部門
社員 フリガナ 氏名フリガナ
社員 生年月日 生年月日
性別 性別 1:男性 2:女性
郵便番号(前) 郵便番号
郵便番号(後) 郵便番号
住所(上段) 都道府県+住所1
住所(下段) 住所2
世帯主 未対応
続柄 未対応
役職 未対応
法人の役員 契約種別 1:役員 2:役員以外
現況 退職日と退職理由 1:在職 2:退職 3:死亡
入社年月日 入社年月日
退職年月日 退職年月日
納付先(市町村)コード 給与支払報告書提出先
納付先(市町村)名称 給与支払報告書提出先
年調区分 退職日、税額表区分、課税対象支給額 1:通常2:計算しない3:年調処理をしない
甲乙区分 税額表区分 1:甲欄 2:乙欄 3:丙欄
扶養控除等の申告 税額表区分 0:乙欄、丙欄 1:甲欄
徴収方法 徴収区分 1:特別徴収 2:普通徴収
条約免除 未対応
青色専従者 未対応
障害者区分 障がい者区分 0:対象外1:一般障がい者2:特別障がい者
寡婦(寡夫) 寡婦(夫)区分 0:対象外、特別寡婦1:寡婦(夫)
特別寡婦 寡婦(夫)区分 0:対象外、寡婦(夫)1:特別寡婦
勤労学生 勤労学生区分 0:対象外1: 勤労学生
災害者 災害者区分 0:対象外1:災害者
外国人 外国人区分 0:対象外1:外国人
前職 勤務先名称 前職の源泉徴収票>支払者の氏名又は名称 前職が複数ある場合は、一番上に表示されているもの
前職 勤務先所在地 前職の源泉徴収票>支払者住所又は所在地 前職が複数ある場合は、一番上に表示されているもの
前職 退職年月日 前職の源泉徴収票>退職年月日 前職が複数ある場合は、一番上に表示されているもの
前職 総支給金額 前職等>課税支給額
前職 社会保険料等の控除額 前職等>社会保険料
前職 徴収税額 前職等>源泉徴収額
配偶者の有無 配偶者>「あり」チェック 0:無 1:有
配偶者の個人番号 配偶者>マイナンバー 「出力する」 を選択したときのみ出力します。
配偶者の氏名(フリガナ) 配偶者氏名フリガナ
配偶者の氏名 配偶者氏名
配偶者の生年月日 配偶者>生年月日
配偶者所得(見積) 未対応
障害者区分(配偶者) 配偶者>障がい者区分と同居区分 0:対象外1:一般障がい者2:特別障がい者かつ同居区分が同居以外3:特別障がい者かつ同居区分が同居
非居住者(配偶者) 配偶者>同居区分 0:同居または対象外1:同居
扶養親族の個人番号 扶養親族>マイナンバー 未対応
扶養親族の氏名(フリガナ) 扶養親族>氏名フリガナ
扶養親族の氏名 扶養親族>氏名
扶養親族の続柄 扶養親族>続柄
扶養親族の生年月日 扶養親族>生年月日
社保等給与等控除分(控除額) 給与等総額で集計された社会保険料
社保等申告社保控除分(支払) 国民年金保険料等の金額(証明書要)+その他(証明書不要)
国民年金保険料等の金額 国民年金保険料等の金額(証明書要)
社保等申告小規模企業共済(支払) 小規模企業共済等掛金(証明書要)
生保一般新(支払) 新生命保険料
生保一般旧(支払) 旧生命保険料
生保介護医療(支払) 介護医療保険料
生保個人年金新(支払) 新個人年金保険料
生保個人年金旧(支払) 旧個人年金保険料
地震保険(支払) 地震保険料
旧長期損保(支払) 旧長期損害保険料
住宅借入金等特別控除額 住宅借入金等特別控除額
住宅借入金等特別控除適用数 住宅借入金等特別控除額の内訳数
居住年月日(1回目) 最も居住開始年月日が古い住宅借入金等特別控除額の内訳の居住開始年月日
借入金等の額(1回目) 最も居住開始年月日が古い住宅借入金等特別控除額の内訳の住宅借入金等年末残高
特定取得(1回目) 最も居住開始年月日が古い住宅借入金等特別控除額の内訳の特定取得 1:特定 0:対象外
特別控除区分(1回目) 最も居住開始年月日が古い住宅借入金等特別控除額の内訳の住宅借入金等特別控除区分 0:未設定 1:住 2:認 3:増 4:震
居住年月日(2回目) 2番目に居住開始年月日が古い住宅借入金等特別控除額の内訳の居住開始年月日
借入金等の額(2回目) 2番目に居住開始年月日が古い住宅借入金等特別控除額の内訳の住宅借入金等年末残高
特定取得(2回目) 2番目に居住開始年月日が古い住宅借入金等特別控除額の内訳の特定取得
特別控除区分(2回目) 2番目に居住開始年月日が古い住宅借入金等特別控除額の内訳の住宅借入金等特別控除区分
特別減税 未対応
給与/賞与・総支給金額 課税支給合計+課税現物支給合計
給与/賞与・社会保険料等の控除額 社会保険料合計
給与/賞与・扶養親族等の数 扶養等の人数
給与/賞与・算出税額 所得税

ご注意点

・従業員コードに半角英数時以外の文字がある場合、達人では取込みができないためダウンロードができなくなっております。あらかじめ従業員コードを半角英数字で設定いただきますようお願いします。
・従業員コードが、11桁以上の場合、達人では取込みができないためダウンロードができなくなっております。あらかじめ従業員コードを10文字以内で設定いただきますようお願いします。

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているページ

よく検索されるキーワード:

  • 給与計算・年末調整について詳しく知りたい方

    給与計算・年末調整・社保事務の基礎知識

    給与計算等の方法をわかりやすく解説

    • 給与計算、年末調整、社会保険事務に関する難しい仕組みを簡単解説。操作方法以外でお困りのかたはこちらへ