マネーフォワード クラウド給与 使い方ガイド

【2020年度版】マネーフォワード クラウド給与 年末調整の流れ(給与担当者用)

年末調整とは、従業員から毎月見込み金額で徴収している所得税について、1年間の給与金額が確定する12月に調整するための手続きです。
その結果、所得税を徴収しすぎていた場合には税金を還付し、徴収金額が少なかった場合には追加で徴収を行います。

こちらのページでは、給与担当者側の年末調整の流れをご説明いたします。
従業員側の年末調整の流れについては、下記をご確認ください。
【2020年度版】マネーフォワード クラウド給与 年末調整の流れ(従業員用)

目次

対象ユーザー

マネーフォワード クラウド給与をご利用の方

年末調整に必要なもの

年末調整を完了させるためには、以下の準備が必要です。

これまでの給与計算が完了していること

年末調整をするために、あらかじめ本年の支給済みの給与金額(賞与を含む)を確定する必要があります。
12月までの給与を確定する前に年末調整を開始することは可能ですが、その場合は本年の全ての支給分を確定後、必ずデータの再集計を行ってください。

マネーフォワード クラウド給与での操作

年度設定の給与月度の箇所で、全ての月のステータスについて「確定済」になっていることをご確認ください。
未確定がある場合には、給与計算で、先に給与計算を確定してください。

年末調整書類の回収が完了していること

所得税の金額は、受け取った給与の金額だけではなく、その年の配偶者や子の扶養状況、社会保険・生命保険支払金額なども加味し算定されます。
そのため、従業員に年末調整書類を配布し、記載してもらった上で回収する必要があります。その際、必要に応じて各種証明書などを回収します。

マネーフォワード クラウド給与での操作

従業員に以下の年末調整書類を渡し、回収します。年末調整書類はWebでの提出を受け付けられます。

  • 2020年度分の扶養控除等(異動)申告書
  • 2021年度分の扶養控除等(異動)申告書
  • 2020年度分の保険料控除申告書
  • 2020年度分の基礎控除 兼 配偶者控除等 兼 所得金額調整控除申告書

※来年分の申告書は本年の年末調整には不要ですが、1月以降の給与計算時の源泉徴収税額確定に必要なため、同時に回収します。

前職の源泉徴収票の回収(中途入社した従業員のみ)

年末調整をするためには、従業員が1年間で受け取ったすべての給与支払金額を把握する必要があります。
そのため、本年入社した従業員については、前職分の源泉徴収票を回収します。

マネーフォワード クラウド給与での操作 
従業員にWebで金額などの情報を記入してもらうことができます。

住宅借入金等特別控除申告書の回収(住宅ローンに加入している従業員のみ)

年末調整にて住宅ローン控除を受ける場合、「住宅借入金等特別控除申告書」を回収します。
なお、年末調整では住宅ローン控除適用2年目以降の場合にのみ適用が可能です。

マネーフォワード クラウド給与での操作 
従業員にWebで住宅借入金等特別控除可能額の金額などの情報を記入してもらうことができます。

入退社の処理について

年末調整画面で従業員を適切に表示するには、年末調整の開始前にマネーフォワード クラウド給与上で入退社の処理をする必要があります。

マネーフォワード クラウド給与での操作
入社をされてから、マネーフォワード クラウド給与上で従業員の登録がお済みでない場合は、従業員情報から従業員を追加してください。

従業員が入社した際に必要な処理

退職をされてから、マネーフォワード クラウド給与上で退職の処理がお済みでない場合は、従業員情報から退職日をご入力ください。

従業員が退職した

年末調整の流れ

画面左側の青いメニューから「年末調整」>「年末調整」をクリックします。

「開始する」をクリックします。

年末調整画面へ従業員情報と給与計算情報が取り込まれます。

※正常に従業員情報が取り込まれない場合は、「従業員情報の取り込み」ボタンをクリックし、「実行する」をクリックしてください。

以下にステップごとの操作方法をご案内いたします。

ステップ1 従業員へ各種申告書の提出依頼

各種申告書をWeb回収するか(従業員による入力)、紙で回収するか(給与担当者による入力)を選択します。
「未依頼」ステータスより操作が可能です。

【年末調整】「未依頼」ステータスの操作方法

ステップ2 提出された各種申告書の確認、編集

従業員から提出された各種申告書の確認及び編集を行います。
紙で提出を依頼した場合は、給与担当者が入力を行います。
「確認中」ステータスより操作が可能です。

【年末調整】「確認中」ステータスの操作方法

ステップ3 年末調整の確定処理をする

年末調整の情報を入力後、問題がなければそのまま確定処理を行います。
確定処理を行うことで、各種帳票が出力されます。
「年調確定」より操作が可能です。

【年末調整】「年調確定」ステータスの操作方法

ステップ4 確定後に作成された帳票を確認、出力する

年末調整を確定し、作成された帳票を確認・出力した後に提出します。
作成された帳票は「帳票一覧」のページで確認できます。

年末調整で作成された帳票の出力

翌年申告内容一括反映

「翌年申告内容一括反映」は、年末調整で登録した「翌年申告内容」を、現在の「従業員情報」に上書きする機能です。
「翌年申告内容」を元に給与計算を行う場合は、翌年の最初の給与計算を行う前に、「年調確定」画面で「翌年申告内容一括反映」をクリックしてください。

「翌年申告内容一括反映」の確認画面が表示されますので、問題がなければ「実行する」をクリックします。
※一度従業員情報を上書きすると、元に戻すことはできませんのでご注意ください。

現在の内容を従業員情報へ反映したメッセージが表示されれば、変更は完了です。
画面下部の一覧表で「翌年申告内容反映日時」を確認します。

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているページ

よく検索されるキーワード:

  • 給与計算・年末調整について詳しく知りたい方

    給与計算・年末調整・社保事務の基礎知識

    給与計算等の方法をわかりやすく解説

    • 給与計算、年末調整、社会保険事務に関する難しい仕組みを簡単解説。操作方法以外でお困りのかたはこちらへ