マネーフォワード クラウド給与 使い方ガイド

住民税新年度控除額を更新したい

住民税(市区町村民税)は、昨年度の給与から計算された住民税額を、翌年の6月から翌年5月まで按分し徴収する制度です。
例年5月にその年の事業所が代理徴収する(特別徴収する)金額が通知書で通知され、その内容をもとに毎月徴収していきます。

通知書が届いたら

従業員情報の登録

従業員情報の詳細設定>一般情報>住民税に設定箇所があります。

従業員情報

「納付先市区町村」に通知書送付元の市区町村を選択してください。
「宛名番号」は、その市区町村の中で、各従業員に付番された番号を入力する項目です。
通知書を参照し指定された番号を入力してください。

次に、従業員情報の詳細設定>給与情報>住民税から金額を設定します。
画像の入力例では6月支払分は6,000円、7月以降は5,000円支払う状況を想定しています。

指定番号の登録

従業員の今季の徴収金額を登録後、事業所の指定番号を登録します。
住民税設定画面を開き、各市区町村から指定された事業所の指定番号を記入してください。
なお、この指定番号は住民税FBデータの作成時にも使用します。

住民税設定

市区町村ごとの支給金額を確認する

帳票一覧の中にある「住民税徴収額一覧表」を参照すると、住民税の納付先ごとの住民税の徴収金額が確認できます。
市区町村から発送された通知書と一覧表を照らし合わせ、徴収金額に誤りが無いか、徴収先は正しいかを確認してください。

帳票一覧

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているページ

よく検索されるキーワード:

  • 給与計算・年末調整について詳しく知りたい方

    給与計算・年末調整・社保事務の基礎知識

    給与計算等の方法をわかりやすく解説

    • 給与計算、年末調整、社会保険事務に関する難しい仕組みを簡単解説。操作方法以外でお困りのかたはこちらへ