マネーフォワード クラウド給与 使い方ガイド

SmartHRから年末調整の申告情報をインポートする設定方法

こちらのページではSmartHRで収集した年末調整の申告情報を、マネーフォワード クラウド給与へインポートする方法について説明します。
インポート操作を行っていただくことで、SmartHR上の申告情報をマネーフォワード クラウド給与の年末調整用の情報として取り込むことが可能です。

大変恐れ入りますが、SmartHRの操作に関するご質問は、SmartHRのサポートまでお問い合わせをお願いします。

また、マネーフォワード クラウド給与とSmartHRの連携がうまくいかない場合、以下の操作を行うことで解消する場合がございますのでお試しください。
SmartHRと再連携する方法を教えて下さい。

利用対象

マネーフォワード クラウド給与とSmartHRをご利用中のお客様

対象ページ

連携設定
従業員情報

目次▼

  1. SmartHRとの連携設定
  2. 従業員情報の取り込み
  3. 年末調整の申告情報の取り込み
  4. SmartHR連携の仕様
  5. 前職の収入があった場合のご注意点

SmartHRとの連携設定

SmartHRにてアクセストークンの発行

SmartHRから、連携をするための接続文字列を取得します。
SmartHRにログイン後、画面右上の「共通設定」>「アプリケーション連携」をクリックします。
アクセストークンを発行するボタンをクリックし表示される接続文字列をコピーします。
※文字列が表示されていない場合は、SmartHRの窓口へお問い合わせください。


アクセストークンの用途・説明を「マネーフォワード クラウド給与」などと入力し「発行する」ボタンをクリックします。
なお、アクセストークンの用途・説明の名称はお客様にてわかりすい名称を設定することができます。

マネーフォワード クラウド給与の設定

左メニューの「連携設定」>「労務」タブをクリックし、「SmartHR」欄の「連携する」をクリックします。

「SmartHR連携」画面が表示されますので、アクセストークン、テナントIDを入力し「登録する」をクリックします。
※アクセストークンは、SmartHRにログイン後、設定>アプリケーション連携をクリックしてください。アクセストークンを発行するボタンをクリックし表示される接続文字列をコピーしてください。
表示されていない場合は、SmartHRへお問い合わせをお願いします。
SmartHR06

連携が完了すると「SmartHR連携を更新しました。」とメッセージが表示されます。
連携を解除する場合はごみ箱のアイコンクリックしてください。
アクセストークンの確認や変更を行う場合は[編集]をクリックしてください。

従業員情報の取り込み

従業員情報の取り込みは、「従業員情報」画面にて行います。

連携設定を行うと、「従業員情報」画面>「従業員の追加/更新」>「SmartHRから従業員データを取り込む」メニューが表示されるようになります。
初めてSmartHRから従業員を取り込む場合や、SmartHRに新たに従業員を登録した場合に、「SmartHRから従業員データを取り込む(新規)」をクリックして従業員情報をマネーフォワード クラウド給与に取り込んで下さい。


「SmartHRから従業員データを取り込む(新規)」画面が表示されますので、「取り込む」をクリックしてください。

従業員情報の取り込みが完了しました。

ご注意点

■SmartHRからの従業員データ取り込みは、何度でも行うことができます。
SmartHRで新しい従業員をご登録いただいた場合、マネーフォワード クラウド給与で取り込みを行なっていただければ、SmartHR上の新しい従業員データが、マネーフォワード クラウド給与に取り込まれます。なお、一度取り込まれた従業員は、再取り込みを行っても新規従業員として追加は行われません。

■SmartHRからの従業員データ「新規」取り込みを行ってもデータの上書きは行われません。
そのため、SmartHRで従業員データを変更した場合は「SmartHRから従業員データを取り込む(更新)」を行う必要がございます。
「SmartHRから従業員データを取り込む(更新)」の操作についてはこちらをご参照ください。

■SmartHRに「社員番号」と「雇い入れ年月日」の設定が無い従業員は取り込まれません。

年末調整の申告情報の取り込み

画面左側の青いメニューから「年末調整」>「年末調整」>年末調整ステータス「未依頼」をクリックします。
※申告情報をインポートできるのは 年末調整ステータスが「未依頼」の従業員のみ です。

「他社ソフトから申告情報を取り込む」をクリックし、「SmartHRから取り込む」をクリックします。

「申告情報取り込み」画面が表示されるので、SmartHRで設定した「年末調整依頼グループ」を選択し、「取り込む」をクリックします。

・すでに 本年申告内容 に紐づくデータ(配偶者、扶養親族、保険料控除、住宅借入金等特別控除、前職の源泉徴収票)が存在していた場合、そのデータは削除されます。
・SmartHRから取り込んだ情報が申告情報として登録されます。

インポートが完了するとメッセージが表示され、対象従業員の年末調整ステータスは「確認中」に移動します。

以上でインポートの操作は終了です。

※インポート後、年末調整の対象外となる従業員がいる場合は、「操作」ボタンより「対象外」に移動してください。

SmartHR連携の仕様

SmartHRにて標準で登録されている項目のみが、マネーフォワード クラウド給与の項目に変換され取り込まれます。
各項目の対応については下記の表をご参照ください。
※【 マネーフォワード クラウド給与側項目名】が空欄の項目はインポート対象外です。

今年および来年の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 および 配偶者控除等申告書

マネーフォワード クラウド給与側項目名 SmartHR側項目名
従業員コード 社員番号
苗字
名前
ミョウジ 姓(ヨミガナ)
ナマエ 名(ヨミガナ)
生年月日 生年月日
郵便番号 住所(郵便番号)
都道府県 住所(都道府県)
住所1 住所(市区町村)
住所1 住所(丁目・番地)
住所2 住所(建物名・部屋番号)
世帯主の苗字 世帯主
世帯主の続柄 続柄(世帯主)
寡婦(夫)区分 寡婦(夫)・特別の寡婦
勤労学生区分 勤労学生
  勤労学生:学校名
  勤労学生:入学年月日
  勤労学生:所得の見積額
  勤労学生:給与所得(0:対象外 1:対象)
  勤労学生:事業所得(0:対象外 1:対象)
  勤労学生:配当所得(0:対象外 1:対象)
  勤労学生:不動産所得(0:対象外 1:対象)
障がい者区分 障害者区分
  障害の状態又は交付を受けている手帳などの種類
  交付年月日
給与所得 給与所得(収入金額等)
給与所得(所得金額)
事業所得 事業所得(収入金額等)
事業所得の経費 事業所得(必要経費等)
事業所得(所得金額)
雑所得 雑所得(収入金額等)
雑所得の経費 雑所得(必要経費等)
雑所得(所得金額)
配当所得 配当所得(収入金額等)
配当所得の経費 配当所得(必要経費等)
配当所得(所得金額)
不動産所得 不動産所得(収入金額等)
不動産所得の経費 不動産所得(必要経費等)
不動産所得(所得金額)
退職所得 退職所得(収入金額等)
退職所得控除額 退職所得(必要経費等)
退職所得金額 退職所得(所得金額)
上記以外の所得 その他の所得(収入金額等)
上記以外の経費 その他の所得(必要経費等)
上記以外の経費のうち特別控除額 その他の所得(特別控除額)
上記以外の所得金額 その他の所得(所得金額)
合計所得金額(見積額) あなたの本年中の合計所得金額
  配偶者控除等申告書-区分1
  扶養控除申告書C欄のテキスト(左記の内容)
続柄 配偶者:続柄
苗字 配偶者 姓
名前 配偶者 名
ミョウジ 配偶者 姓(ヨミガナ)
ナマエ 配偶者 名(ヨミガナ)
生年月日 配偶者:生年月日
同居区分 配偶者:同居・別居の別
  配偶者:住所(国コード)
郵便番号 配偶者:住所(郵便番号)
都道府県 配偶者:住所(都道府県)
住所1 配偶者:住所(市区町村)
住所1 配偶者:住所(丁目・番地)
住所2 配偶者:住所(建物名・部屋番号)
障がい者区分 配偶者:障害者区分
  配偶者:税法上の被扶養者
合計所得金額(見積額) 配偶者:税法上の年間所得見積額(単位: 円)
  配偶者:税法上の被扶養者になった日
  配偶者:税法上の被扶養者になった理由
  非居住者
生計を一にする事実 送金額
給与所得 給与所得(収入金額等)
給与所得(所得金額)
事業所得 事業所得(収入金額等)
事業所得の経費 事業所得(必要経費等)
事業所得(所得金額)
雑所得 雑所得(収入金額等)
雑所得の経費 雑所得(必要経費等)
雑所得(所得金額)
配当所得 配当所得(収入金額等)
配当所得の経費 配当所得(必要経費等)
配当所得(所得金額)
不動産所得 不動産所得(収入金額等)
不動産所得の経費 不動産所得(必要経費等)
不動産所得(所得金額)
退職所得 退職所得(収入金額等)
退職所得控除額 退職所得(必要経費等)
退職所得金額 退職所得(所得金額)
上記以外の所得 その他の所得(収入金額等)
上記以外の経費 その他の所得(必要経費等)
上記以外の経費のうち特別控除額 その他の所得(特別控除額)
上記以外の所得金額 その他の所得(所得金額)
  配偶者の本年中の合計所得金額
  配偶者控除等申告書-区分2
  配偶者控除の額
  配偶者特別控除の額
続柄 被扶養者:続柄
苗字 被扶養者:姓
名前 被扶養者:名
ミョウジ 被扶養者:姓(ヨミガナ)
ナマエ 被扶養者:名(ヨミガナ)
生年月日 被扶養者:生年月日
同居区分 被扶養者:同居・別居の別
  被扶養者:住所(国コード)
郵便番号 被扶養者:住所(郵便番号)
都道府県 被扶養者:住所(都道府県)
住所1 被扶養者:住所(市区町村)
住所1 被扶養者:住所(丁目・番地)
住所2 被扶養者:住所(建物名・部屋番号)
障がい者区分 被扶養者:障害者区分
  被扶養者:税法上の被扶養者
所得の見積額 被扶養者:税法上の年間所得見積額(単位: 円)
  被扶養者:税法上の被扶養者になった理由
  源泉徴収票の提出状況(総合)

前職情報

マネーフォワードクラウド給与側項目名 SmartHR側項目名
  前職情報:最終給与支給日
  前職情報:源泉徴収票
支払金額 前職情報:支払金額
源泉徴収金額 前職情報:源泉徴収税額
社会保険料等の金額 前職情報:社会保険料等の金額
支払者の氏名又は名称 前職情報:支払者の氏名又は名称
支払者の電話番号 前職情報:支払者の電話番号
支払者の郵便番号 前職情報:支払者の郵便番号
支払者住所又は所在地 前職情報:支払者の住所又は所在地

給与所得者の保険料控除申告書

マネーフォワード クラウド給与側項目名 SmartHR側項目名
保険会社の名前 一般の生命保険料 保険会社等の名称
保険の種類 一般の生命保険料 保険等の種類
契約期間 一般の生命保険料 保険期間
保険契約者名 一般の生命保険料 契約者氏名
保険金の受取人名 一般の生命保険料 受取人・氏名
保険金の受取人の続柄 一般の生命保険料 受取人・続柄
新/旧 一般の生命保険料 新・旧区分(新旧のいずれか)
保険料等の金額 一般の生命保険料 保険料金額
  一般の生命保険料 団体生命保険
  一般の生命保険料 新保険料等の金額の合計額
  一般の生命保険料 旧保険料等の金額の合計額
  一般の生命保険料 金額
保険会社の名前 介護医療保険料 保険会社等の名称
保険の種類 介護医療保険料 保険等の種類
契約期間 介護医療保険料 保険期間
保険契約者名 介護医療保険料 契約者氏名
保険金の受取人名 介護医療保険料 受取人・氏名
保険金の受取人の続柄 介護医療保険料 受取人・続柄
保険料等の金額 介護医療保険料 保険料金額
  介護医療保険料 団体生命保険
  介護医療保険料 金額の合計額
  介護医療保険料 金額
保険会社の名前 個人年金保険料 保険会社等の名称
保険の種類 個人年金保険料 保険等の種類
契約期間 個人年金保険料 年金支払期間
保険契約者名 個人年金保険料 契約者氏名
保険金の受取人名 個人年金保険料 受取人・氏名
保険金の受取人の続柄 個人年金保険料 受取人・続柄
新/旧 個人年金保険料 新・旧区分
保険料等の金額 個人年金保険料 保険料金額
支払開始日 個人年金保険料 支払い開始日
  個人年金保険料 団体生命保険
  個人年金保険料 新保険料の金額の合計額
  個人年金保険料 旧保険料の金額の合計額
  個人年金保険料 金額
  生命保険料控除額計
保険会社の名前 地震保険料控除 保険会社等の名称
保険の種類 地震保険料控除 保険等の種類
契約期間 地震保険料控除 保険期間
保険契約者名 地震保険料控除 契約者氏名
保険金の受取人名 地震保険料控除 受取人・氏名
保険金の受取人の続柄 地震保険料控除 受取人・続柄
地震/旧長期 地震保険料控除 地震・旧長期
保険料等の金額 地震保険料控除 保険料金額
  地震保険料控除 団体生命保険
  地震保険料 地震保険料の金額の合計額
  地震保険料 旧長期損害保険料の金額の合計額
  地震保険料 地震保険料控除額
保険料支払先の名称 国民年金・国民年金基金:保険料支払先の名称
保険料を負担することになっている人 国民年金・国民年金基金:契約者氏名
保険料を負担することになっている人の続柄 国民年金・国民年金基金:続柄
  国民年金・国民年金基金:保険料金額
社会保険料控除 保険料金額 国民年金・国民年金基金:保険料合計金額
保険料支払先の名称 国民健康保険料・介護保険料等:保険料支払先の名称
保険料を負担することになっている人 国民健康保険料・介護保険料等:契約者氏名
保険料を負担することになっている人の続柄 国民健康保険料・介護保険料等:続柄
  国民健康保険料・介護保険料等:保険料金額
社会保険料控除 保険料金額 国民健康保険料・介護保険料等:保険料合計金額
社会保険の種類 社会保険料控除 社会保険の種類
保険料支払先の名称 社会保険料控除 保険料支払先の名称
保険料を負担することになっている人 社会保険料控除 契約者氏名
保険料を負担することになっている人の続柄 社会保険料控除 続柄
本年に支払った金額 社会保険料控除 保険料金額
  社会保険料控除 合計(控除額)
独立行政法人中小企業基盤整備機構の共済契約の掛金 小規模企業共済等掛金 独立行政法人中小企業基盤整備機構の共済契約の掛金
企業型年金加入者掛金 小規模企業共済等掛金 企業型年金加入者掛金
個人型年金加入者掛金 小規模企業共済等掛金 個人型年金加入者掛金
心身障害者扶養共済制度に関する契約の掛金 小規模企業共済等掛金 心身障害者扶養共済制度に関する契約の掛金
  小規模企業共済等掛金控除 合計(控除額)

「社会保険料控除 保険料金額」には、「国民年金・国民年金基金:保険料合計金額」と「国民健康保険料・介護保険料等:保険料合計金額」を合算した値が入ります。

給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書

マネーフォワード クラウド給与側項目名 SmartHR 側 項目名
居住開始年月日 居住開始年月日
住宅借入金等特別控除区分 控除額適用区分
特定取得 特定取得区分
  借入金等年末残高-住宅のみ
  借入金等年末残高-土地のみ
住宅借入金等年末残高 借入金等年末残高-住宅および土地等
  借入金等年末残高-住宅のみ
  特定増改築借入残高
住宅借入金等特別控除可能額 住宅借入金等控除額

前職の収入があった場合のご注意点

SmartHRの給与所得項目は、申告いただいた今年の給与収入額(現職+前職)を出しているため、マネーフォワード クラウド給与への取り込み時に、前職の収入が二重に取り込まれます。
そのため、対象の従業員については、以下の手順を参考に給与所得(現職)の収入金額を修正してください。

  1. 対象の従業員を「確認中」ステータスに移動する
  2. 対象の従業員が「確認中」以外のステータスに表示されている場合は、操作ボタンより、「確認中」ステータスに移動してください。

  3. 対象の従業員の編集画面を開く
  4. 対象の従業員名をクリックすることで、申告内容の編集画面が開けます。

  5. 給与所得(現職)の収入金額を修正する
  6. 「本人の所得の内訳と合計所得金額」欄の「編集」ボタンをクリックし、給与所得(現職)の収入金額を前職分を差し引いた金額に修正してください。

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているページ

よく検索されるキーワード:

  • 給与計算・年末調整について詳しく知りたい方

    給与計算・年末調整・社保事務の基礎知識

    給与計算等の方法をわかりやすく解説

    • 給与計算、年末調整、社会保険事務に関する難しい仕組みを簡単解説。操作方法以外でお困りのかたはこちらへ