マネーフォワード クラウド給与 使い方ガイド

勤怠項目を60進数(000時間00分)に変更する方法

いつもマネーフォワード クラウド給与をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

今回は、勤怠項目を60進数(000時間00分)に変更する方法についてご案内いたします。

対象ページ

勤怠項目設定
給与計算

操作方法

[基本設定]画面で[勤怠項目]をクリックし、単位を「000時間00分」と選択します。

画面下にある「保存する」ボタンをクリックします。
60進数対応2

[給与計算]画面で時間の入力を分単位で登録が可能になりました。
※ 時給計算等も、分給で算出されるようになりました。
60進数対応3

変更による自動計算への影響

10進数から60進数に変更を行うと、支給項目の自動計算が時間単位から分単位へ変更になりますのでお気をつけください。

  • 10進数(0.00時間)になっている場合
1時間あたりの単価×10進数の時間数
  • 60進数(000時間00分)になっている場合
1分あたりの単価※×000時間00分を分に換算した時間数

※ 1分あたりの単価は、[1時間あたりの単価÷60]で算出されます。計算途中で端数処理はせず、最後の計算結果で端数処理を行います。

勤怠項目の表示は60進数(000時間00分)、自動計算は10進数での計算方法(1時間あたりの単価×10進数の時間数)にすることはできません。
お客さまの就業規則や賃金規程に合わせて、正しい計算式になる単位設定をしてきただきますようお願いします。

変更した場合の自動計算結果の違い

【前提条件】
・時給2,000円
・32分労働した分の基本給を支給する
・基本給=時給×所定内出勤時間
所定内出勤時間に入力する値 計算 基本給
10進数 0.53 2,000×0.53 1,060
60進数 0:32 2,000÷60×32 1,067
  • 10進数:時間給で自動計算

  • 60進数:分給で自動計算

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているガイド

よく検索されるキーワード:

  • 給与計算・年末調整について詳しく知りたい方

    給与計算・年末調整・社保事務の基礎知識

    給与計算等の方法をわかりやすく解説

    • 給与計算、年末調整、社会保険事務に関する難しい仕組みを簡単解説。操作方法以外でお困りのかたはこちらへ