マネーフォワード クラウド給与 お知らせ

2020年度の年末調整に対応しました

2020年09月01日

いつもマネーフォワードクラウド給与をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
この度、2020年度の年末調整に対応いたしました。

リリース時点で実装された機能などについては、こちらをご参照ください。

操作ガイド

【2020年度版】マネーフォワード クラウド給与 年末調整の流れ(給与担当者用)
【2020年度版】マネーフォワード クラウド給与 年末調整の流れ(従業員用)

2020年の制度変更について

2020年の制度の変更についてご案内いたします。
なお、制度変更については、マネーフォワード クラウド給与に自動で反映されるため、お客様の操作は不要でございます。

給与所得控除額の引き下げ

令和2年分以後の所得税について、給与所得控除額が一律10万円引き下げられました。
また、給与所得控除の上限額が適用される給与等の収入金額が「850万円」、その上限額が「195万円」にそれぞれ引き下げられました。

基礎控除の引き上げ

基礎控除の金額が、38万円から48万円に引き上げられました。

所得金額調整控除の創設

年収「850万円」を超えた場合に所得税が増税となるため、子育て世代や介護を必要とする家庭の負担が増えないよう、「所得金額調整控除」が創設されました。
給与所得控除額の引き下げが行われる人を対象に適用されます。

各種控除を受けるための合計所得金額要件の改正

「同一生計配偶者」「扶養親族」「源泉控除対象配偶者」「配偶者特別控除の対象となる配偶者」「勤労学生」の合計所得金額要件が、次表のとおりそれぞれ10万円引き上げられました。

(参考:各種控除等を受けるための扶養親族等の合計所得金額要件等の改正(令和2年分以降)|国税庁

寡婦・ひとり親の控除見直し

これまでの「寡婦」「寡夫」「特別の寡婦」の各控除について、見直しが行われました。
令和2年度からは、「寡婦控除」「ひとり親控除」の2種類の控除が適用されます。

今後のリリーススケジュール

  • 令和2年度・令和3年度の各帳票への対応
  • eL-Taxとの連携機能強化
  • 他社ソフトとの連携機能
  • 年末調整に関する帳票類の手入力機能
  • スマートフォンで源泉徴収票を確認する機能

今回ご案内した内容以外にも、機能の改善や追加が決定次第、順次追記してまいります。
リリースのご案内まで今しばらくお待ちください。

よく検索されるキーワード:

  • 給与計算・年末調整について詳しく知りたい方

    給与計算・年末調整・社保事務の基礎知識

    給与計算等の方法をわかりやすく解説

    • 給与計算、年末調整、社会保険事務に関する難しい仕組みを簡単解説。操作方法以外でお困りのかたはこちらへ