MFクラウド給与 お知らせ

勤怠データのAPI連携時に取り込む「対象期間」と「勤怠項目」を選択できるようになりました

2018年06月05日

いつもMFクラウド給与をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
この度、勤怠データのAPI連携時に、取り込む勤怠データの「対象期間」と「勤怠項目」を選択できるようになりました。
これにより、必要な項目の勤怠データのみを取り込んだり、項目ごとに前月分の勤怠・今月分の勤怠と分けて取り込むことが可能です。

操作方法

[給与計算]>[メニュー]より、ご利用の他社勤怠ソフトから勤怠データをインポートをクリックします。
(今回は、例として「KING OF TIMEから勤怠データをインポート」を選択します。)

連携したい対象期間(前月度分、今月度分)を選択し、対象項目をクリックします。
初期設定では「全選択」にチェックが入っています。項目を指定したい場合は、「全選択」のチェックを外し、指定したい項目にチェックを入れて「勤怠をインポート」をクリックします。

※項目ごとに前月分のデータ・今月分のデータを分けて取り込みたい場合は、このインポート作業を前月分、今月分と2回行っていただく必要がございます。

選択した項目がインポートされました。

よく検索されるキーワード:

  • 給与計算・年末調整について詳しく知りたいかたへ

    給与計算・年末調整・社保事務の基礎知識

    給与計算等の方法をわかりやすく解説

    • 給与計算、年末調整、社会保険事務に関する難しい仕組みを簡単解説。操作方法以外でお困りのかたはこちらへ
  • 経営にイノベーションを起こしたい方必見!

    MFクラウドEXPO2018開催

    クラウドサービスの最新事例が集結

    • MFクラウド Expo2018では、企業変革を実現させた経営者の体験談や、最新のクラウドサービスの紹介を通じて、経営課題を解決したいリーダー層へのヒントをお届けします