マネーフォワード クラウド確定申告(FAQ)

Q. 未払法人税等

概略

未払法人税等とは、決算時に確定した法人税、住民税および事業税の未納額を処理する勘定科目。

主な取引内容

事業税、法人税、住民税(道府県民税、市町村民税)、特別区民税、など

仕訳例

場面別の仕訳

決算時にあたり、法人税、住民税、事業税の納税額480,000円が確定した

借   方 貸   方
法人税等 480,000円 未払法人税等 480,000円

翌期になり、未払いの法人税等480,000円を現金で納付した

借   方 貸   方
未払法人税等 480,000円 現金 480,000円

決算になり、当期の法人税等が800,000円と確定した。なお、中間申告で400,000円を納付している

借   方 貸   方
法人税等 800,000円 仮払法人税等 400,000円
未払法人税等 400,000円

類似の仕訳

決算となり、仮受消費税300,000円と仮払消費税200,000円の整理を行い、納付税額100,000円となった。

借   方 貸   方
仮受消費税 300,000円 仮払消費金 200,000円
未払消費税 100,000円

このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド確定申告に精通した税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客さまに合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!