マネーフォワード クラウド確定申告(FAQ)

Q. 【収入】売上が発生した場合の仕訳

売上が発生し現金で受け取った場合には、例えば下記の画像のような売上高の仕訳を登録します。もし、振込だった場合には借方の現金普通預金などに変わります。

売上があった場合の仕訳

現金の売上が10000円あった場合、下記のように入力します。

振替伝票入力

shiwake013

簡単入力

shiwake014

報酬を受け取った際に源泉徴収された際の仕訳(個人事業主)

振替伝票入力

報酬が振り込まれた際、個人事業主の場合には源泉徴収されていることがあります。
その場合には、下記の様に源泉徴収税については、勘定科目事業主貸、補助科目源泉所得税を使用してください。
簡単入力では複合仕訳の入力ができないため、振替伝票入力で入力します。

なぜ源泉徴収税を事業主貸で仕訳登録するのか

源泉徴収税については、「税金」なので事業主貸ではなく、租税公課ではないのかと思われるかも知れません。
しかし、源泉徴収税は他の税金と異なり、「自身が払う所得税の前払いを、報酬の支払先が納めてくれている」制度です。
これは言い換えると、支払先が源泉徴収税を納めてくれた分、自身が支払う所得税が少なくなるのです。

申告書メニューの各所得の「所得の内訳を入力する」ボタンから、源泉徴収税額が入力できます。詳しくは下記のページをご参照ください。

申告書(収入・所得の入力)

売り上げる際に売掛金を使用した場合

売上時

売上時には、売掛金で計上します。

入金時

入金時には、借方(左側)をどのように受け取ったか、貸方(右側)を売掛金にします

入金時に手数料が発生した場合には、下記のように支払手数料を加えます

マネーフォワード MEで明細を一括取り込みする場合

マネーフォワード MEとの仕訳連携機能で明細を一括で取り込む場合、売上の明細はすべて「事業主貸」で計上されます。
そのため、基本的には売上が上がった際の明細のみを連携させ、入金の明細についてはマネーフォワード MEの「確定申告」スイッチをオフにし、連携させないようにしてください。

関連する項目

売上高
事業主貸
支払手数料
売掛金

仕訳は入力例です。ご不明な場合には、税務署などの専門機関にご確認ください。
マネーフォワード クラウドコンタクトセンターでは、仕訳内容についての案内を行っておりません。

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド確定申告に精通した税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客様に合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!