マネーフォワード クラウド確定申告(FAQ)

Q. マネーフォワード クラウド会計・確定申告の「債務管理」機能とマネーフォワード クラウド経費の「支払依頼」機能の違いは何ですか?

マネーフォワード クラウド会計・確定申告の「債務管理」機能と、マネーフォワード クラウド経費の「支払依頼」機能の違いについて説明します。

「債務管理」機能は、以下のお客さまがご利用可能です。
・マネーフォワード クラウド会計を「ビジネスプラン」でご利用中のお客さま
・マネーフォワード クラウド確定申告を「パーソナルプラン」以上のプランでご利用中のお客さま
「支払依頼」機能は、マネーフォワード クラウド経費で「コーポレート」「エンタープライズ」オプションをご利用中のお客さまのみご利用可能です。

両機能の共通点

1. 請求書(証憑)を受け取った際に、取引を登録することで債務発生の仕訳を簡単に登録できる。
2. 登録されているデータをもとに、振込データ(FBデータ)を作成、出力できる。

「債務管理」機能を利用する際の大まかな業務の流れ

saimukanri02

こんな方にオススメ

  1. マネーフォワード クラウド会計・確定申告だけで管理をしたい。
  2. 請求書(証憑)が、経理担当者に直接届き、支払の管理、振込を行っている事業者である。(小規模事業者向け)
  3. 「いつまでに」「いくら」支払うべきなのかを一覧で管理したい。

「支払依頼」機能を利用する際の大まかな業務の流れ

shiharaiirai02
(※)マネーフォワード クラウド会計に仕訳が反映するタイミングはマネーフォワード クラウド経費の会計連動設定により変わります。

こんな方にオススメ

  1. 従業員や経理担当者が登録した請求書(支払依頼)登録を、上長が承認して振込を行う事業者である。(中規模以上の事業者)
  2. 支払先ごとの貸借双方の科目や、請求書の源泉徴収など細かい設定を事前に行いたい。
  3. APIを利用して振込を簡単に行いたい。(※)
    (※)銀行振込API機能は一部金融機関のみ対応

なお、各機能の詳細については、下記のガイドをご確認ください。

■マネーフォワード クラウド会計・確定申告 使い方ガイド

「債務管理」機能の使い方

■マネーフォワード クラウド経費 使い方ガイド

支払依頼

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド確定申告に精通した税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客様に合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!