マネーフォワード クラウド確定申告(FAQ)

Q. Amazonや楽天市場でクレジットカードで購入した場合の仕訳方法を教えてください。

Amazonや楽天のデータ連携をおこない、決済しているクレジットカードを連携すると、同じ取引についてAmazon側とクレジットカード側の両方の明細が取り込まれ、そのまま登録した場合には二重で仕訳登録されてしまいます。
対処法についてご案内します。

1.経過勘定を入力する

Amazonや楽天の仕訳とクレジットカードの仕訳の間に経過勘定を入力する方法です。

(1)Amazonで消耗品を購入し、Amazonから仕訳が取り込まれた際には、通常通り勘定科目「未払金」補助科目「Amazon」として仕訳登録する

(2)クレジットカードから明細が取り込まれた際には、「消耗品費」などと入力するのではなく、勘定科目「未払金」補助科目「Amazon」と登録します。Amazonにおける債務をクレジットカード会社に付け替えています

(3)銀行からの引き落としがあった際には、勘定科目「未払金」補助科目「クレジットカード」を選択します

2.対象外を選択する

Amazonから取り込まれる明細を、未払金(クレジットカード)で登録し、クレジットカードから取り込まれる明細は仕訳入力の対象外にする方法です。

(1)Amazonから取り込まれた明細を、未払金(クレジットカード)で登録する

(2)クレジットカード会社から取り込まれるAmazonの明細は、連携サービスから入力で「対象外」ボタンを押し、仕訳の対象外とする

(3)銀行からの引き落としがあった際には、勘定科目「未払金」補助科目「クレジットカード」を選択します

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド確定申告に精通した税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客様に合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!