マネーフォワード クラウド確定申告(FAQ)

Q. 「消費税の経理方式」を設定する際のポイントについて教えてください。

消費税の制度

個人事業主や中小事業者など小規模事業者の事務負担を軽減するために、課税売上高が1,000万円以下の事業者は納税義務が免除されます。
課税売上高とは、前々事業年度(個人事業主の場合は前々年)における課税売上高のことをさします。新規事業者や設立されたばかりの法人に関しては、前々期の売上高がないため、原則として消費税の納税は免除されます。

ただし、基準期間のない事業年度であっても、資本金の額や出資金が1,000万円以上ある場合は、納税義務は免除されません。また前々期に1,000万円以上の売り上げがなくても、事業年度の前事業年度開始の日以後6ヶ月の期間(個人事業者の場合は、その年の前年の1月1日から6月30日までの期間)における課税売上高が1,000万円を超えた場合には免除されません。なお、課税売上高は税抜きで、返品処理などをした後の額となります。

詳しくは下記のページを参照してください。
No.6501 納税義務の免除(国税庁ホームページ)

マネーフォワード クラウドでの設定

マネーフォワード クラウド会計・確定申告の事業者設定で税区分を設定します。

事業者設定

課税形式 開業初年度や前々年度の課税売上高が1,000万円以下の場合には原則として「免税事業者」となります。詳細については国税庁のホームページを参照してください
端数処理 消費税の端数の切り捨て・切り上げ・四捨五入が選べます
経理方式 経理方式を選べます。税込は消費税を含んだ金額で売上や仕訳を計上する方法、税抜は消費税額を売上や仕訳と分けて計上する方法です
このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド確定申告に精通した税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客様に合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!