マネーフォワード クラウド確定申告(FAQ)

Q. 「マネーフォワード クラウド請求書連携」機能で作成される仕訳の税区分の適用ルールを教えてください

マネーフォワード クラウド会計・確定申告側の「勘定科目」の税区分設定にかかわらず、マネーフォワード クラウド請求書で品目に対して設定をした税率に応じた税区分が適用された状態で、「請求書から入力」に仕訳が連携されるようになります。

マネーフォワード クラウド請求書側で用意されている税区分は「10%・8%・8%(軽減税率)・5%・免税・不課税・非課税」となります。

na_20190821_04

マネーフォワード クラウド会計・確定申告には存在するものの、請求書側には用意がない税区分(簡易課税の種別、返還、課税売上、課税仕入など)を「勘定科目」に設定している場合は、「勘定科目」の税区分の設定が優先的に適用されます。
na_20190821_01

また、マネーフォワード クラウド請求書側で「免税」「非課税」「不課税」と品目に対して設定をした場合は、会計側で設定をしている勘定科目に関わらず下記のように連携されます。
na_20190821_02

「勘定科目」の税区分設定を「対象外」としている場合、マネーフォワード クラウド請求書側で税率を指定してもサービス間で設定が一致せず、仕訳登録時にお客様側での税区分の確認が必要なため、「請求書から入力」には「不明」という税区分で連携されます。
そのため、税区分が「不明」になった場合は、都度お客様側でご確認の上、適切な税区分を指定してください。
na_20190821_03

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているご質問のカテゴリー

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド確定申告に精通した税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客様に合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!