マネーフォワード クラウド確定申告(FAQ)

Q. 事業所得と不動産所得の違いと、選択のポイントについて教えてください。

個人事業主の確定申告の際には、事業所得、不動産所得、給与所得などの所得の種類に分けて申告する必要があります。
マネーフォワード クラウド確定申告では、事業所得と不動産所得の帳簿を作成できます。

事業所得と不動産所得

事業所得と不動産所得のどちらに計上するかについては、収入の内容や規模によって異なります。
ご不明な場合には税務署などの専門窓口に相談してください。

マネーフォワード クラウド確定申告での設定

事業者設定で、申告区分(提出書類)を「一般」とした場合には事業所得、「不動産」とした場合には不動産所得が申告できます。

images_0828_07

帳簿への入力

事業所得については、そのまま帳簿に入力してください。
不動産所得については、末尾に(不動産)と付いた科目を使用してください。勘定科目の設定の「不動産」というタブで、内容がご覧いただけます。

また、不動産所得のみ申告する場合(事業所得を申告しない場合)には、勘定科目の設定ページにある損益計算書タブの科目のチェックをすべて外してください。

その他の入力

所得の種類 対応
農業所得 現状マネーフォワード クラウド確定申告では対応しておりません。帳簿作成は可能ですが、ご自身で勘定科目の作成や確定申告用の決算書を作成していただく必要があります
雑所得 帳簿の入力に対応しておりません、収入金額と所得金額を確定申告書作成時に入力してください
給与所得 収入金額と所得金額を確定申告書作成時に入力してください
その他の所得 第一表に記載できるものは確定申告書作成時に入力してください。分離課税や不動産の譲渡など、第三表に記載が必要なものは別途確定申告書を作成してください
このページで、お客さまの疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客さまへ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客さまの疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド確定申告に精通した税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客さまに合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!