マネーフォワード クラウド確定申告 使い方ガイド

「e-Taxファイル」の出力(エクスポート)方法

機能説明

マネーフォワード クラウド確定申告では、ソフトウェア版のe-Taxで電子申告を行う為のファイルをエクスポートすることができます。
e-Taxソフトに組み込むことで、電子申告が可能です。

ご留意点

法人のe-Tax手続きには対応しておりません。今後の検討・開発をお待ちいただければ幸いです。
e-Taxでの組み込み方法は一例です。詳しい操作方法や手続き方法についてはe-Taxのサポート窓口にお尋ねください。
マネーフォワード クラウド確定申告で出力できるe-Taxファイルは、インストール版・Web版の両方でファイルをインポートし、送信できます。
ただし、e-Taxソフトの仕様上、Web版ではファイルの送信のみに対応し、インポート後の編集には対応しておりませんのでご注意ください。

操作の流れ

マネーフォワード クラウド確定申告の確認・提出ページで、e-Taxファイルを出力します。
ファイルが出力できない場合には、申告書設定でe-Taxで電子申告が選択されているかご確認ください。

なお、マイナンバーや利用者識別番号はe-Taxソフトに登録した内容を一致しなければインポートが行えませんのでご注意ください。

e-Tax

ここからはe-Taxの設定です。まずは下記のページを参考にe-Taxソフトのダウンロードや利用開始手続をおこなってください。
e-Taxソフトのダウンロードコーナー
e-Taxソフト(Web版)

ここでは、インストール型のe-Taxソフトの操作方法の一例をご案内します。
利用者選択から、「新規作成」もしくは「作成済みファイルを選択」から、利用者選択を行ってください。

作成の中の、「申告・申請等」を選んでください。

「組み込み」ボタンを押してください。

組み込みファイルを選ぶ箇所で、マネーフォワード クラウド確定申告でダウンロードしたファイルを指定します。

取り込んだファイルが表示されるので、ダブルクリックで開いてください。

開いたページで、「基本情報変更」ボタンを押してください。

個人番号の入力箇所が表示されますので、入力してください。
「OK」ボタンが押せない場合には、マネーフォワード クラウド確定申告でエクスポートした際の「利用者識別番号」がe-Taxに登録している番号と異なりますので、ご確認ください。

配偶者や被扶養者の方は、「帳票編集」ボタンから直接編集が可能です。

あとは、e-Taxの流れに沿って、申告をおこなっていくと、送信が可能です。

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

便利な使い方

マネーフォワード クラウドのチュートリアル

マネーフォワード クラウド確定申告は、チュートリアルに従いながら事業所の設定や金融機関とのデータ連携等、初期セットアップを行うことができます。

チュートリアル画面を開く

※リンク先にはログインが必要です

よく見られているガイド

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド確定申告に精通した税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客様に合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!