「e-Taxファイル」の出力(エクスポート)方法

機能説明 マネーフォワード クラウド確定申告では、ソフトウェア版のe-Taxで電子申告を行う為のファイルをエクスポートすることができます。 e-Taxソフトに組み込むことで、電子申告が可能です。 ご留意点 法人のe-Tax手続きには対応しておりません。今後の検討・開発をお待ちいただければ幸いです。 e-Taxでの組み込み方法は一例です。詳しい操作方法や手続き方法についてはe-Taxのサポート窓口にお尋ねください。 e-Taxでのマイナンバー登録までの流れ マネーフォワード クラウド確定申告上ではマイナンバーの入力をすることができません。 そのため、e-Taxへデータの取り込みを行ってから、マイナンバーの登録を行ってください。 なお、Web版のe-Taxではデータの取り込み後、マイナンバーへの取り込みを行うことができませんので、ソフトウェア版のe-Taxをご利用ください。 マネーフォワード クラウド確定申告の確定申告書作成ページで、e-Taxファイルを出力します mf_cloud.xtxというファイルが出力できます。 利用者識別番号を入力し、ダウンロードを行います。番号に誤りがあると申告ができないため、必ず正しい利用者識別番号を入力してください。 e-Tax ここからはe-Taxの設定です。 利用者選択から、「新規作成」もしくは「作成済みファイルを選択」から、利用者選択を行ってください。 作成の中の、「申告・申請等」を選んでください。 「組み込み」ボタンを押してください。 組み込みファイルを選ぶ箇所で、マネーフォワード クラウド確定申告でダウンロードしたファイルを指定します。 取り込んだファイルが表示されるので、ダブルクリックで開いてください。 開いたページで、「基本情報変更」ボタンを押してください。 個人番号の入力箇所が表示されますので、入力してください。 「OK」ボタンが押せない場合には、マネーフォワード クラウド確定申告でエクスポートした際の「利用者識別番号」がe-Taxに登録している番号と異なりますので、ご確認ください。 配偶者や被扶養者の方は、「帳票編集」ボタンから直接編集が可能です。 あとは、e-Taxの流れに沿って、申告をおこなっていくと、送信が可能です。