マネーフォワード クラウド確定申告 使い方ガイド

STEP5 仕訳の手入力

この項目では、手動での仕訳登録方法を案内します。
現金で消耗品を購入した場合など、明細が取得できない取引を入力することができます。

仕訳入力ページ

マネーフォワード クラウド確定申告では、複数の入力方法があります。
まずは簡単入力と振替伝票入力を活用し、仕訳登録の流れを覚えましょう。

機能名 特徴
連携サービスから入力 データ連携で取得した明細から仕訳を簡単に登録できる
簡単入力 家計簿のような感覚で簡単に仕訳登録ができる機能です
振替伝票入力 一般的な仕訳帳の形式で仕訳登録ができます。ベーシックな機能です
仕訳帳入力 仕訳に慣れた人が高速で仕訳入力する場合に便利な機能です
取引から入力 仕訳登録と同時に売掛・買掛金の管理ができる機能です

登録手順

簡単入力に移動する

(1)手動で仕訳のなかの、簡単入力を開きます。

images_0827_06

(2)仕訳(取引の明細)を登録します。例として、下記の領収書を入力します。

雑貨を現金で購入した場合を想定しています。

左から順に内容を入れ、登録ボタンを押すだけで登録できます。

(3)登録の反映

登録ができると、画面下に内容が反映します。また、仕訳帳などの各種帳票にも内容が反映します。
images_0827_07

(4)振替伝票入力

振替伝票入力に移動する

振替伝票入力を使うと、一般的な形式の仕訳登録が可能です。
簡単入力では入力ができない銀行口座間の資金移動の仕訳登録や、ネットや本で仕訳登録方法を調べて入力する場合にご利用ください。
images_0827_08

よくあるご質問

状況に応じた仕訳登録方法がわからない場合

下記のページでマネーフォワード クラウド確定申告でよく使う仕訳の入力方法と、仕訳入力方法についてご案内しています。
仕訳ガイド(使い方ガイド)

勘定科目を追加したい場合

勘定科目の設定に移動する
勘定科目の設定で、画面下部の科目追加ボタンを押すことで勘定科目や補助科目の登録が可能です。

勘定科目登録のコツは、コラムも参照してください。
第八回 勘定科目登録のコツ(マネーフォワード クラウド確定申告コラム)

**■仕訳とは**

仕訳とは、日々の取引を会計帳簿に記入するための様式です。マネーフォワード クラウド確定申告では複式簿記という方式に対応しています。

**■勘定科目とは**

勘定科目は、取引を仕訳として入力する際に選ぶラベルのようなものです。勘定科目は更に、補助科目というラベルが設定できます。補助科目で、銀行名や取引先名などを選択すると、あとから検索しやすくすることができます。

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

便利な使い方

マネーフォワード クラウドのチュートリアル

マネーフォワード クラウド確定申告は、チュートリアルに従いながら事業所の設定や金融機関とのデータ連携等、初期セットアップを行うことができます。

チュートリアル画面を開く

※リンク先にはログインが必要です

よく見られているガイド

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド確定申告に精通した税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客様に合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!