マネーフォワード クラウド確定申告 確定申告ガイド

マネーフォワード MEの明細から確定申告する方にオススメの確定申告書作成手順

概要

確定申告書の作成作業は、大きく分けて以下のタスクに分かれます。マネーフォワード クラウド確定申告では、PC・確定申告アプリ・家計簿アプリなどを使って確定申告書を作成できます。

  1. 申告ソフトの初期設定
  2. 仕訳(明細)の登録
  3. 確定申告書の作成
  4. 確定申告書の提出

Webで仕訳登録 スマホで仕訳登録 マネーフォワード MEとの連携
パソコンの大画面で仕訳登録
金融機関とデータを連携すれば明細を自動で取得し、勘定科目も提案。
スキマ時間に仕訳登録
金融機関とデータを連携すれば明細を自動で取得し、勘定科目も提案。
マネーフォワード MEの明細から、仕訳を作成。
改めて仕訳を作成する必要ナシ!


面倒な仕訳入力(取引明細の入力)も、スタイルに応じて選択できます。

スマホで電子申告 e-Taxで申告 税務署の窓口に持参 郵送
・65万円の青色申告特別控除が受けられる
・外出不要で24時間いつでも申告できる
・カードリーダー不要
※スマートフォンがマイナンバーカードの読み取りに対応している必要があります
・65万円の青色申告特別控除が受けられる
・外出不要で24時間いつでも申告できる
・原則、平日の8:30~17:00時間外収受箱への投函もOK
・相談コーナーや申告相談会場で不明点を聞くことができる
・マイナンバーカード不要
・4月15日の消印有効
・マイナンバーカード不要


また、提出方法も用途に合わせて様々な方法をご用意しています。

このページでは、マネーフォワード MEの明細連携機能を使って確定申告する方向けの確定申告の流れをご紹介します。
(Cさんの申告内容はBさんと同じです。Bさんは確定申告アプリで仕訳を登録し、Cさんはマネーフォワード MEの明細連携機能を使います)

ケース別 確定申告の流れ

プロフィール(Cさん)

  • フリーランスとして働きながら、アパートの管理業務を行っている(事業所得・不動産所得あり)
  • 今年ふるさと納税をしたので、その申告が必要

特徴

  • 取引(仕訳)はマネーフォワード MEで入力
  • 「事業所得」と「不動産所得」の申告が必要
  • 事業内容がシンプルで、売上と経費を入力する程度
  • ふるさと納税を申告する
  • スマートフォンメインで確定申告する

申告までの流れ

マネーフォワード クラウド確定申告には、マネーフォワード MEで入力した明細から仕訳を作成する機能があります。
この機能で、MEからクラウド確定申告に明細を取り込み、確定申告書を完成させる手順を案内します。

もちろん、マネーフォワード クラウド確定申告で直接仕訳を入力しても問題ありません。その場合の手順は下記のケースを参考にしてください。

確定申告アプリで申告する方にオススメの確定申告書作成手順

STEP1.マネーフォワード MEの入力

マネーフォワード MEで売上や経費を入力

このステップは、マネーフォワード MEで操作します。


マネーフォワード MEで、事業に関する収入(売上)や経費を入力します。
マネーフォワード MEで確定申告対象の明細を登録し、登録後に「修正」ボタンをタップしてください。


「確定申告」ボタンが表示されるので、スイッチをオンに変更し保存してください。


申告対象の明細は、カテゴリ名の右側に[TAX]マークが付きます。


明細作成の際に選択するカテゴリから、確定申告書の勘定科目が自動で選択されます。
例えば、マネーフォワード MEで「交通費」のカテゴリを選び入力した場合、確定申告では「旅費交通費」として集計されます。

MEで入力した内容がどのような科目で反映されるかは、下記のページをご確認ください。
マネーフォワード ME 連携科目マッピング表

確定申告スイッチについて
確定申告スイッチをオンにすると、マネーフォワード クラウド確定申告アプリで明細を取り込む際に、仕訳の対象として反映されます。
事業や不動産収入に関する明細を選択肢スイッチをオンにしてください。
なお、スイッチはマネーフォワード MEのスマホアプリ版でのみ利用できます。アプリでスイッチが表示されない場合には、アプリを最新版に更新してください。

既に入力されている明細から申告対象を選択


マネーフォワード MEで既に入力済みの明細を、確定申告の対象にすることもできます。
歯車マーク⇒確定申告⇒「入出金明細を確認」を選択してください。


右上の編集ボタンを押し、スイッチをオンにすると、選択した明細が事業所得・不動産所得の対象となります。

仕訳とは
仕訳とは、お金のやりとりを取引ごとに記載したもので、最終的に集計され収入や経費として「決算書」という書類に集計されます。
例えば、「打合せのために電車で移動した場合の交通費」をマネーフォワード MEに入力すると、その交通費についての支出が1件の経費の仕訳として記載されます。

Cさんは、以下の内容をマネーフォワード MEで登録し、確定申告の対象にしました。

  • 毎月の家賃収入金額(不動産収入)
  • 不動産の修繕のためにホームセンターで購入した備品のレシート
  • 業務委託契約の収入金額
  • 自宅の家賃
  • 打合せで利用したカフェのレシート
  • 打合せで利用した交通費

STEP2.初期設定

ここからは、マネーフォワード クラウド確定申告アプリで操作します。

アプリのインストールがまだの場合には、App Store・Google Play ストアで「マネーフォワード クラウド確定申告」をインストールしてください。

ログイン

マネーフォワード クラウド確定申告アプリを起動します。
アカウントは明細を入力したマネーフォワード MEと同じアカウントでログインします。アカウントが別々の場合には連携できませんのでご注意ください。


初回ログイン時は「はじめに」画面が表示されます。
「個人または個人事業主」を選択し、お名前を入れてください。事業者名がある場合には「お名前と事業者名は同じものを利用する」チェックを外し、入力してください。

事業所得 or 不動産所得を選択

申告する所得の種類を選択します。
フリーランスの方や商売をされている方は「事業所得」を選びます。
家賃収入などがある方は「不動産所得」を選びます。

Cさんは、フリーランスの収入(事業所得)と家賃収入(不動産所得)があるので、どちらも申告できる「一般・不動産」を選択しました。

申告区分を選択

税務署に申告している場合には「青色」、していない場合には「白色」を選択します。。

設定完了後「サービスの利用を開始する」をタップしてください。


なお、こちらの設定はサービスの利用開始後も、左上の三本線のメニューにある事業者情報>編集からいつでも編集できます。

提出方法の選択

トップページの「設定をはじめる」をタップしてください。提出方法や申告内容などを選択する画面に移動します。

申告の種類等

マネーフォワード クラウド確定申告では3種類の提出方法を用意しています。

スマホで電子申告
確定申告アプリを使って、直接確定申告書を提出する方法です。
この申告には、「マイナンバーカード」と「マイナンバーカードの読み込みに対応したスマートフォン」が必要です。
お手持ちのスマートフォンが電子申告に対応しているかは、以下のページで確認してください。
iPhone対応状況
Android対応状況

e-Taxで電子申告
国税庁が提供する電子申告サービス(e-Tax)で提出する方法です。ソフトウェア版は申告書の内容を変更できます。Web版は送信のみ可能です。

郵送・窓口で申告
クラウド確定申告からPDFファイルをダウンロード・印刷し郵送または持ち込みで税務署に提出する方法です。

Cさんは、「スマホで電子申告」を選択しました。

申告内容の選択


事業所得(収入)や不動産所得(収入)を申告する場合には「事業収入や不動産貸付による収入について申告」を選択してください。

青色申告 or 白色申告を選択

税務署に青色申告で申告する申請をしている場合には「青色申告」、申請していない場合には「白色申告」を選択します。

「青色申告」を選択した場合、65万円・55万円・10万円の控除を選択する画面が表示されます。
電子申告を選択している場合には65万円、窓口・郵送で提出する場合には55万円が自動で選択されます。
複式簿記ではない記帳(簡易簿記での記帳)を選択している場合には10万円を選択してください。

複式簿記・簡易簿記とは
複式簿記は、青色申告の場合に一般的に使われる記帳方法で、お金を受け取った場合や払った場合に、現金で払った、口座から振り込んだかなど、お金の流れも記録に残します。
簡易簿記はお金の流れは記録に残さず、売上があった、振り込んだという事実のみを記録に残します。
簡易簿記の場合には、青色申告でも控除額が10万円になります。
なお、マネーフォワード クラウド確定申告は複式簿記での申告を想定して作られています。
65万円控除・55万円控除とは
令和二年分(2020年度)の確定申告から、青色申告控除の特別控除額が、従来の65万円から55万円に減額しています。
一方、電子申告か電子帳簿保存を行った場合には、10万円の追加控除を受けれるため、従来通り65万円の特別控除を受けることができます。
マネーフォワード クラウド確定申告は電子申告に対応しているため、青色申告される方は電子申告をご検討ください。

Cさんは青色申告の申請をしているので、「青色申告」を選択し、65万円の特別控除を選択しました。

STEP3.仕訳の取り込み

マネーフォワード MEから明細の取り込み

確定申告アプリで、マネーフォワード MEで作成した明細を取り込みます。


ホームの「データを取得する」をタップし、「取得を開始する」をタップします。
取得には時間が掛かります。定期的にページを開き直し、確認してください。


「作成が完了しました」と表示されたら成功です。「ホームに戻る」ボタンでホームに戻りましょう。


下部の「仕訳帳」からどのような明細が取り込まれているかを確認してください。

明細に変更があったときは

再度取り込む場合には「データを取得する」をタップし「再取得する」をタップしてください。
マネーフォワード MEの明細は何回でも連携できますが、マネーフォワード クラウド確定申告上で取り込まれた仕訳(明細)を編集したあとに再度取り込みを行った場合には、マネーフォワード MEの内容で上書きされます。
事業所得と不動産所得がある場合、マネーフォワード MEの明細は全て一般(事業所得)で連携されます。
Cさんは事業所得と不動産所得があるので、不動産所得の収入・経費をアプリの仕訳帳機能で科目を編集しました。
※末尾に(不動産)とある勘定科目が、不動産所得として決算書に反映されます。

その他、必要な設定がないかチェック

以下に該当する場合には、別途設定が必要です。これらの設定は、PCを使い、Webのクラウド確定申告で設定する必要があります。

(1)「家事按分」が必要な場合
自宅兼仕事部屋を賃貸で契約している場合や、仕事とプライベートで使用している車がある場合には、支払った金額のうちプライベート分を差し引いた額を経費として申告する必要があります。
詳しくはこちら

Cさんは、自宅の一部屋を仕事部屋として使っているので、家事按分機能を使い、家賃のうち30%を経費として申告しました。

(2)「固定資産」がある場合
一定以上の金額の仕事用機材を購入した場合には、数年に分けて経費を申告する必要があります(減価償却)。
また、「開業費」を計上する場合にもこちらの設定が必要です。
詳しくはこちら
Q. 【その他】開業費の登録

Cさんは、アパートと仕事用パソコンを減価償却する必要があるため、固定資産台帳を登録し減価償却費を経費計上しました。

(3)その他資産がある場合
事業用の資産がある場合には、1月1日時点の残高を計上する必要があります(期首残高)。
詳しくはこちら

Cさんは、アパートなど資産があるので、期首残高を記入しました。

(4)分離課税・損失繰越がある場合
分離課税・損失繰越がある場合には、注意点があります。
詳しくはこちら

STEP4.確定申告書の作成

青色申告決算書(収支内訳書)の作成

青色申告決算書(収支内訳書)の作成に必要な情報を入力していきます。
ホームの「青色申告決算書を編集する」または「収支内訳書を編集する」をタップしてください。
表示されたページで、自分の業務に関係がありそうな内容をご入力ください。

Cさんは、以下の項目を入力しました。

  • 地代家賃の内訳(一般)
  • 不動産所得の収入の内訳(不動産)
青色申告決算書・収支内訳書とは
青色申告決算書(青色申告)、収支内訳書(白色申告)とは、一年間の売上から仕入や経費を差し引き、所得(儲け)を計算し、税務署に提出する表です。
売上や経費などについてはマネーフォワード クラウド確定申告の内容が自動集計されますが、「家賃の内訳」や「従業員に支払った給与の内訳」などについてはご自身で入力する必要があります。
青色申告決算書(青色申告)
収支内訳書(白色申告)

確定申告書の作成

確定申告書の作成に必要な情報を入力していきます。
ホームの「申告書を作る」をタップしてください。

入力が必要な箇所

メニューの「基本情報」欄については、基本的には入力が必要な箇所です。
「氏名・住所等」から順番に該当する項目を入力してください。
そして、収入・所得欄以下は、必要な内容を選んで記入する箇所です。当てはまる設問にチェックを入れ、入力していきましょう。


Cさんは、社会保険料を入力しました。


また、生命保険料控除も入力。


最後に、寄附した市区町村から送られた書類をもとに、ふるさと納税の寄付金控除を入力しました。

入力に迷ったら
ここはどのように入力するんだろうと迷った場合、国税庁の提供する確定申告の手引きが便利です。
操作方法に迷った場合には、チャットまたはメールでお問い合わせください。

STEP5.確定申告書の確認・提出

確認・提出メニューを開くと、確定申告書を提出するための設定ができます。

入力内容の確認


確定申告書に入力内容がどのように反映されているかは、「申告書を提出する」をタップし、「提出書類を確認」ボタンからPDFファイルをダウンロードすればいつでも確認できます。

スマホで電子申告

スマホで電子申告するには、事前に以下の用意が必要です。

  1. マイナンバーカードの準備
  2. 利用者識別番号の取得とマイナンバーカードとの紐付け
  3. スマホが電子申告に対応しているかの確認

詳しくは下記のページをご参照ください。
Q. 電子申告をするために、事前準備は必要ですか?
e-Taxで電子申告

Cさんはもともとマイナンバーカードと利用者識別番号を持っていたので、マイナポータルを使ってマイナンバーカードと利用者識別番号を紐付け、スマホで電子申告を終わらせました。


申告後は、マイナポータルアプリからe-Taxに繋ぎ、送信が確実にできていることを確認しました。

申告書提出方法(参考)
確定申告方法について表にまとめました。どの申告方法が適切かわからないときにお役立てください。

申告方法 申告種別 xtxファイルインポート 備考
スマホで電子申告 電子申告 不要 三表、四表など非対応の書類あり
対応するスマホとマイナンバーカードが必要
詳細
PDFを印刷 紙で申告 不要 三表、四表など非対応の書類は別途作成要 詳細
e-Tax(インストール版) 電子申告 可能 Windowsのみで提供されるアプリを利用
ソフト内で申告書の編集可能、三表などの非対応の書類も作成可能
カードリーダーとマイナンバーカードが必要
詳細
e-Tax(Web版) 電子申告 可能 対応ブラウザを利用
ソフト内での申告書の編集不可(三表・四表など作成不可)
インポートしたxtxファイルの送信のみに対応
詳細
確定申告書作成コーナー(PDFを印刷) 紙で申告 不可 国税庁の用意する確定申告サービス、ほとんどの書類がチュートリアルで作成可能
クラウド確定申告のデータインポート不可(.dataは非対応)のため、決算書の内容を転記する必要あり
詳細
確定申告書作成コーナー(ID/パスワード方式) 電子申告 不可 マイナンバーカード不要で電子申告できる方式
確定申告書作成コーナーが利用できるため、三表、四表などの非対応の書類を作成する必要がある方はこの方式がオススメ
クラウド確定申告のデータインポート不可(.dataは非対応)のため、決算書の内容を転記する必要あり
詳細
このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド確定申告に精通した税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客様に合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!