マネーフォワード クラウド確定申告 確定申告ガイド

マネーフォワード MEのデータ取得(雑所得)

概要

このページでは、マネーフォワード MEのデータをマネーフォワード クラウド確定申告に取り込む方法についてご案内します。

本ページで解説する方法は事業所得の雑収入ではなく、雑所得に反映させる方法です。
事業所得として取り込む場合には、下記のページをご参照ください。
マネーフォワード MEのデータ取得(事業所得)

対象ユーザー

マネーフォワード MEとマネーフォワード クラウド確定申告で確定申告書を作成する方で、雑所得を申告する方

対象ページ

申告書>収入・所得>雑所得(業務)
申告書>収入・所得>雑所得(その他)

注意点

雑所得制度の改正について

国税庁は、2022年度分(令和四年分)の確定申告から、雑所得を「業務で得た収入」と「それ以外」に分け、業務で得た収入の収入金額に応じて、「領収書などの書類保存」や「収入と必要経費を記載した書類の添付」を義務化すると発表しています。

これらの義務化については、前々年度の収入が300万円を超える方について二年後から適用対象とするとしており、具体的には2020年度(令和二年分)に申告する雑所得のうち、業務で得た収入が300万円を超える方については、2022年度(令和四年分)の確定申告から、書類保存や書類添付が必要となります。

前々年度の収入金額 義務化される内容
300万円以下 これまで通り
300万円超 領収書などの書類保存が必要
1,000万円超 領収書などの書類保存が必要
収入や経費を記載した書類の提出が必要

本改正について詳しくは、下記のPDFの4ページと5ページをご参照ください。
令和2年度 所得税の改正のあらまし(国税庁ホームページ)

マネーフォワード クラウド確定申告の対応

マネーフォワード クラウド確定申告(確定申告アプリ・ME連携含む)は上記の雑所得制度の改正に対応しており、どちらの入力にも対応しております。

申告書>収入・所得>雑所得(業務)
申告書>収入・所得>雑所得(その他)

なお、どのような収入が「業務で得た収入」に該当するかにつきましては、税務署などの専門機関にご確認いただきますようお願いします。

手順

1.マネーフォワード MEから反映される明細

雑所得については、マネーフォワード MEで事業収入と経費についてのカテゴリを選択した明細のみクラウド確定申告に反映できます。

収入の明細


収入は、マネーフォワード MEの「収入」⇒「事業・副業」カテゴリに入力され、確定申告(雑所得以外)のチェックが入っていない明細が反映します。

支出の明細


支出は、マネーフォワード MEの「支出」⇒「その他」⇒「事業経費」または「事業原価」カテゴリに入力され、確定申告(雑所得以外)のチェックが入っていない明細が反映します。

2.初期設定

ここからはマネーフォワード クラウド確定申告(Web版もしくはアプリ)で操作します。
マネーフォワード MEのデータ取得を行うには、必ずマネーフォワード MEと同じマネーフォワードIDでログインする必要があります。

初回起動時は、「設定をはじめる」をタップし、提出方法と申告内容を選んでください。


申告内容は、雑所得のみ申告する場合には「副業など雑収入や控除のみ申告」を選択してください。
事業所得がある場合には、「事業収入や不動産貸付による収入について申告」を選択してください。

3.データ取り込み

ここからは、マネーフォワード クラウド確定申告のWeb、またはアプリで操作します。

アプリをご利用予定でインストールがまだの場合には、Appstore、GooglePlaystoreで「マネーフォワード クラウド確定申告」をインストールしてください。
Web版をご利用の場合には、下記のページを開くか、マネーフォワード クラウド確定申告の決算書>確定申告書作成を開いてください。
確定申告書作成機能

ホームの「申告書を作る」をタップし、「雑所得(その他)」、「雑所得(業務)」をタップしてください。

申告書>収入・所得>雑所得(業務)
申告書>収入・所得>雑所得(その他)

収入の取り込み


「収入について」項目にある「MEの明細を取得」をタップします。


明細一覧が表示されるので、取り込みたい明細をタップします。タップした明細はすべて合算され、1つの明細として確定申告書に記載されます。
講演会は講演会、個人年金は個人年金など、まとめたい明細ごとにタップし取り込んでください。
今回の例では2件とも「講演料」なので、2件をタップし、「反映」をクリックします。


合計300,000円として反映しました。


確定申告書第二表にも、画像のように反映します。

経費の取り込み


必要経費についても、「MEの明細を取得」ボタンから取り込めます。


収入に対応した経費をタップし、「反映」ボタンをタップしてください。
今回は交通費3,000円を経費として計上します。


必要経費が反映しました。

明細ごとに繰り返し、雑所得の入力を完了させてください。
今回は収入300,000円、必要経費3,000円が反映し、297,000円が雑所得として確定申告書に計上されます。

源泉徴収税額について
源泉徴収税額を経費としてマネーフォワード MEで入力している場合には、必要経費として反映・計上させるのではなく、「源泉徴収税額」の欄に金額を手入力してください。
このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    マネーフォワード クラウド確定申告に精通した税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • マネーフォワード クラウド公認メンバーの中からお客様に合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!