MFクラウド確定申告 確定申告ガイド

「家事按分」の設定の考え方

皆様からご質問の多い、家事按分の設定の考え方についてご説明します。

家事按分

家事按分とは

家事按分とは、事業用と家事(自家使用)で共用している通信費、車両費などについて、事業用として使用している部分(金額)を必要経費として計上し、個人的に消費している部分は除外する、という考え方です。

MFクラウドでは、勘定科目(補助科目)ごとに、事業に使用した比率を設定し、家事按分を行う(=事業用以外は必要経費として計上しない)設定が可能です。

家事按分の入力の流れ

家事按分の想定例

以下の例を想定し、入力を行います。

1.通信費として一ヶ月一万円を経費として計上している。
2.上記通信費は7割を事業で使用している。

仕訳の登録

家事按分の設定は、既に登録された仕訳の金額を集計し、計算されます。
そのため、予め仕訳登録を行っておく必要があります。

例として、以下のように毎月一万円の通信費の仕訳登録を行います。

家事按分

家事按分の設定

上部メニュー>決算・申告>家事按分で、家事按分ページを開きます。

新しいルールの設定は[家事按分設定の追加]より行います。

家事按分

勘定科目と事業費率の入力

対象の勘定科目と事業費率を入力します。
勘定科目には通信費、事業費率を70%に設定します。
家事按分

仕訳の作成

下記のように、試算額が記載されています。
按分前残高は、家事按分をおこなう前の残高です。
按分額累計はルールを適用した場合に家事案分される(経費として計上されなくなる)、金額です。

問題なければ、[一括仕訳登録]または[仕訳作成]ボタンを押します。
家事按分

仕訳の反映

ボタンを押すと、下記のように仕訳として反映します。

家事按分

損益計算書(残高試算表)の確認

残高試算表を開き、通信費の経費として計上されている金額が減少していることを確認してください。

家事按分

青色申告決算書(収支内訳書)にも反映されています。

家事按分

■留意事項

・「通信費のうち、ネット代のみ按分したい」場合には、補助科目を指定、按分設定を行ってください。
Q. 水道光熱費や通信費などについて、その内容ごとに「家事按分」の比率を設定したいです

・家事按分手続きは、毎月按分後の金額を計上している場合には、設定不要です。
 例えば、毎月一万円のうち7,000円分を毎月仕訳登録している場合には不要です。

・家事按分の金額は仕訳ごとに按分するわけではなく、年に一度の処理としてのみ設定可能です。

■参考

使い方ガイドのスライドも参考にしてください。

家事按分|使い方ガイド


操作上でご不明な点などございましたら、MFクラウドコンタクトセンターまでお気軽にお問い合わせください。

仕訳の内容などの経理に関するご相談、申告の方法、内容や税務に関するご相談はサポート外となります。
つきましては、税理士などの専門家や税務署へご相談ください。

なお、弊社ではMFクラウドを使用している税理士のご紹介を無料で承っております。
ご関心がございましたら、下記ページよりお探しの条件等をご入力の上、お申し込みください。

税理士紹介サービス

このページで、お客様の疑問は解決しましたか?
  • ※お寄せいただいた内容に対する個別の返信はいたしませんので、何卒ご了承下さい。
  • ※上記フォームには評価に対する理由のみをご入力ください。誤った情報を入力されたことにより生じたいかなる損害においても、当サイトは一切の責任を負いません。
評価をご入力いただき、ご協力ありがとうございました。

頂いた内容は、当サイトのコンテンツの内容改善のためにのみ使用いたします。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関するお問い合わせ、製品の導入検討のお問い合わせなど、お客様の疑問にお答えする各種サポート・サービスについてご案内します。

よく見られているページ

  • 顧問税理士をお探しのかたへ

    MFクラウド確定申告に精通した税理士を無料でご紹介

    専門家にすべてをお任せ

    • MFクラウド公認メンバーの中からお客様に合った最適な税理士を無料でご紹介。記帳業務は専門家にお任せ!
  • 経営にイノベーションを起こしたい方必見!

    MFクラウドEXPO2018開催

    クラウドサービスの最新事例が集結

    • MFクラウド Expo2018では、企業変革を実現させた経営者の体験談や、最新のクラウドサービスの紹介を通じて、経営課題を解決したいリーダー層へのヒントをお届けします